【グリップヒーターの効果】買って後悔する?実際に感じたメリットと注意点について解説 | モトコラム!

【グリップヒーターの効果】買って後悔する?実際に感じたメリットと注意点について解説

グリップヒーター

グリップヒーターのカスタムが気になってはいるけど、

「本当に必要だろうか・・・」

値段も安くないし、躊躇するなあ・・・」

と悩んでいるバイク乗りさん世の中には多いのではないでしょうか。

事実、過去の私がそうでした。実際に購入に至るまでどれだけ悩んだか分かりません。

商品自体の値段的にも、取り付けの難易度的にも、容易に手を出せる商品ではないですよね。

そこで今回は、

実際に所有していた125ccスクーターと大型バイクにグリップヒーターを装着してみて感じたメリットや注意点について触れていきます!

グリップヒーターカスタムを検討しているすべての方の参考や後押しとしてこの記事がお役に立てれば幸いです。

結論:手先が温まるだけでもかなり快適…!

実際にグリップヒーターを使うまでは中々理解しがたいかもしれませんが、

手先が温まるだけ冬場の辛さはかなり軽減されます。

勿論感じ方には個人差もあるかと思いますが、個人的には大満足です。

人体の構造的にも、冷え始めるのは体の中心からではなく末端からなんですね。

そのため冬場は手先や足先をいかに温められるかが重要になるのですが、そんな時に大活躍するのがグリップヒーターと言えます。

Q.装着して後悔する?⇒A.使用頻度によりけり

購入前の方からすれば、実際購入してみてから「要らなかったな~」と後悔したくないと思うのは普通ですよね。

ちなみに個人的な感想としては、

グリップヒーターを購入し装着したことに関して全く後悔しておらず良い買い物ができたと感じていますが、使用頻度が低い場合は感じ方が変わるかもしれません。

特に通勤や普段の足として季節問わずバイクに乗る方や、峠や山岳方面によく走りに行くような方は買ってから後悔しない率が高いと思います。

春秋の季節でも、山間部は意外と冷えていることもありますよね。そんなツーリング中の急な冷え込みにもグリップヒーターが一つあると、気分的にもかなり救われますよ。

電熱グローブのデメリットは?

グリップヒーターの類似商品としてよく挙げられるのが電熱グローブですね。

たしかに電熱グローブの方がグローブを介さず直接的に手先を温めることが可能ではあるので、正直なところ単純に温めるという点に関しては強いです。

ですがネックな点として、以下の2つが懸念材料となります。

  1. 電源の取り回しが大変
  2. バッテリーの値段がバカ高い

①の電源に関してはバイクから電源を引っ張り出してきて直接つなげるか、携帯バッテリーを持ち歩くかです。

前者は配線の影響でバイクとライダーが繋がれる形になる為、事故の際にこれが悪い方向に作用する可能性があり少し怖いですね。。

また後者はバッテリーの煩わしさとバッテリーの値段の高さからコスパが良いとは言い難いですよね。

あくまで個人的な結論ですが、

一度取り付け作業を頑張ってしまえば「満足度」や「利便性」に関してはグリップヒーターに軍配が上がるかと思っております。

※小排気量車は「バッテリーの管理」に要注意

125cc以下などの小型バイクに取り付ける際は、電力消費に要注意です。

小型バイクはバッテリーも比較的小容量タイプが積まれているため、何も考えずに電力を消費していると

バッテリー上りを招きかねません。

バッテリーは一度上りを起こすと再起不能となり、買い替えの必要性が出てしまいます。

それを防ぐ為にも、自宅用に小型充電器を常備しておくと事前に防ぐことが出来るかもしれません。

以下の商品は個人的にも使っている自動車・バイク用のバッテリー充電器です。

※MELTEC社⇒HP

まとめ

多くの人が使っているグリップヒーターですが、それだけ安定した人気を博しているのも確かです。

気になっている方は今回の内容をお読みいただいたうえでもう1度じっくり考えてみてください。

きっとより快適なバイクライフが待っていると思います。

タイトルとURLをコピーしました