グリップヒーターは必要?後悔する?実際に感じたメリットデメリット | モトコラム!

グリップヒーターは必要?後悔する?実際に感じたメリットデメリット

※当ブログではアフィリエイト広告やプロモーションを掲載しています。

バイクカスタム
悩んでいる人
悩んでいる人
  • グリップヒーターって効果ある?
  • 買ってから後悔しない?
  • 寿命はどれくらいかな?
  • 実際のメリットデメリットは?

この記事ではこんな疑問に答えます。

上記のように悩んでいるバイク乗りさんは多いはず。

事実、過去の私がそうでした。実際に購入に至るまでどれだけ悩んだか分かりません。。

商品自体の値段が高いことはもちろん、取り付けの難易度的にも、容易に手を出せる商品ではないですよね。

そこで今回は、

実際に所有していたスクーターと大型バイクにグリップヒーターを装着してみた経験を踏まえ、自身が感じたメリットや注意点について触れていきます

グリップヒーター取り付けを検討しているすべての方の参考や後押しとしてこの記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

グリップヒーターの効果は使ってみてからその必要性を痛感する

結論、グリップヒーターの暖かさはかなり冬場の冷えを解消します。

一度使うと、グリップヒーター無しでの冬のバイクは考えたく無いほど、それほど心強いのも確か。

実際にグリップヒーターを使ってみるまでは、

ヒーターを付けたとしても結局手袋越しでしか温もりを感じられないから効果は少ないんじゃない?

と半信半疑でした。

勿論手袋越しに感じるほのかな暖かさではありますし、手袋の種類やその方の感じ方にも個人差はあるかと思います。

とはいえ個人的には大満足。

↓私が実際に使用している秋冬用グローブ↓
タケオ
タケオ

ちなみに人体の構造的にも、冷え始めるのは体の中心からではなく末端からとも言われています。

そのため、冬場は手先や足先をいかに温められるかが重要になります。

そんな時に大活躍するのがグリップヒーターと言えるでしょう。

【グリップヒーター】こんな方なら後悔しないはず!

個人的に考えるグリップヒーターを買っても後悔しないと思われる方の条件は以下の通りです。

  • 通勤で季節問わずバイクに乗る
  • 雨の日もバイクに乗る
  • 峠や山道によくツーリングに行く
  • 寒がりの方

通勤通学で季節問わず雨の日でもバイクに乗る方なら、躊躇することなく買ってしまうのもおすすめ。

理由は、過去の私はそれで「もっと早く買えば良かった」と後悔したから。

逆に、使用頻度が低い場合は「ここまでお金をかけなくてもよかったのかも」と感じてしまう可能性も高まりそうです。

実際購入してみてから「自分には必要なかったな~」と後悔したくないと思うのは普通ですよね。

通勤や普段の足として季節問わずバイクに乗る方や、峠や山岳方面によく走りに行くような方は買ってから後悔しないことの方が多いかと思います。

バイクに乗る頻度自体かなり少ない方はもう少し検討してみても良いかもしれません。

グリップヒーターの寿命

私は現在、エンデュランス製のグリップヒーターを丸3年使用してきました。

現在の進捗状況として、3年は全く不調なく使えたというのがお伝えしたい点です。

ただ、取り付け方に不備があったり、配線部分を引っ張ったりしてしまうと故障リスクが高まる様です。

現に、知り合いの先輩は取り付け後一年以内にヒーターが作動しないトラブルに悩まされていました。

素人取り付けでは故障リスクが高まることは致し方ありません。

寿命を伸ばしたい方は、バイク専門店にお願いするのが無難かもしれません。

グリップヒーターのメリット

グリップヒーターのメリットをまとめます。

冬のバイクが楽しくなる

寒さで冬のバイクが億劫になっている方には朗報。

これが一つあるだけで冬のバイクの楽しさが復活する可能性は高いです。

手先の冷えは身体的にも精神的にも与えるダメージは大きいもの。

温もりがあるだけでどれだけ快適になるか、使った方にしか分からない感動がグリップヒーターにはあります。

バッテリー電圧計としても便利

多くのグリップヒーターは電圧計も兼ねています。

冬以外の季節でもバッテリーの電力が低下することはあります。

そんな時にグリップヒーターを装着していれば簡単に電圧を確認することが可能。

実際私の使っているエンデュランス製は5つのLEDライトで現在の電圧を教えてくれます。

グリップヒーターは冬場以外でも活躍する便利アイテムです。

見た目がカッコいい

グリップヒーターを取り付けると「ハンドル周りのメカ感」が強まり個人的にはかなり好きです。

ハンドル周りに機械物が増えると「コックピット」みたいでカッコいいと感じるのはおそらく・・・おそらく自分だけでは無いはず・・・。

特に私のエンデュランス製はLEDライトが夜間は神々しく光り輝きます。

ハンドル周りをイメチェンしたいなら一石二鳥で

グリップヒーターのデメリット

グリップヒーターのデメリットを強いて挙げるとしたら以下の部分。

値段が高い

グリップヒーターは基本高価。

買うかどうか悩んでいる方の足をかなり引っ張ります。

バイクにかなりの頻度で乗る方でなければもったいなく感じてしまうのは仕方ないかもしれません。

取り付けが難しい

先述したように素人が下手に付けると故障リスクが上がったりと、カスタム項目の中ではやや難易度は高めです。

また電気配線をいじることもあり、それなりの下勉強は必要。

不安な方は工賃を払い、いさぎよくバイク専門店に任せるのがおすすめ。

グリップヒーターとの併用におすすめのアイテム3選

グリップヒーターと掛け合わせて使うことで更に快適に寒さを凌ぐことができるアイテムがあります。

おすすめは以下の3点。

おすすめ①ハンドルカバー

ハンドルカバーは手に当たる風を最大限に遮ることができます。

見た目は正直カッコ悪いので賛否両論ありますが、風邪を引くよりはマシ。

見た目よりも快適性重視なら取り入れるべきアイテムです。

おすすめ②ネックウォーマー

体の冷えは「首・手首・足首」を守れ!とよく言われます。

そのうちの首を守るのに絶対必要なアイテム。

バイク用のネックウォーマーなら曇りづらい作りになっていておすすめです。

おすすめ③バイク用ブーツ

足首を寒さから守るならバイク用ブーツがベスト。

事故時のくるぶしの欠損も守ります。

おすすめはコミネ製。安くてかっこいいです。

電熱グローブのデメリット

グリップヒーターの代替え商品としてよく挙げられるのが電熱グローブ

たしかに電熱グローブは、グローブを介さず直接的に手先を温めることが可能ですので、正直なところ単純に手を温めるという点に関しては強いです。

ただネックなのが以下の2点。

  1. 電源の取り回しが大変
  2. バッテリーの値段がバカ高い

電熱グローブの電源に関してはバイクから電源を引っ張り出してきて直接つなげるか、携帯バッテリーを持ち歩くかの2択になります。

前者は配線の影響でバイクとライダーが繋がれる形になる為、事故を起こした場合を想定すると少し怖いですよね。

また後者はバッテリーの煩わしさとバッテリー自体の値段の高さから、コスパが良いとは言い難いです。

上記を踏まえ、一度取り付け作業を頑張ってしまえば「満足度」や「利便性」に関してはグリップヒーターに軍配が上がるかなと思っております。

小型バイク×グリップヒーターは「バッテリー上がり」にも要注意

125cc以下などの小型バイクに取り付ける際は、電力消費に要注意です。

小型バイクはバッテリーも小容量タイプが積まれているため、何も考えずに電力を消費しているとバッテリー上りを招きます

バッテリーは一度ダメにすると再起不能となり、買い替えが必要になります。バッテリーに関するより詳しい内容は【セルフメンテ】バイクバッテリー交換時の手順と注意点とは?にて解説しています。

それを防ぐ為にも、自宅用に小型充電器を常備しておくと事前に防ぐことが出来るかもしれません。

以下は私も使っている自動車・バイク用のバッテリー充電器です。

※MELTEC社⇒公式サイト

その他おすすめの充電器まとめは、【自宅用】バイクバッテリーにおすすめの充電器3選!(ネットで買えば安く手に入る?)にて解説しています。

まとめ

グリップヒーターは確かに高価ですがいざ買って使用してみれば、ほとんどの方がその便利さを知り「買ってよかった」と思えるはず。

先述しましたが改めて総評すると、

通勤通学で雨の日も冬の寒い日もバイクに乗らなければならないバイク乗りの皆さんにはめちゃくちゃおすすめです。

装着後の満足感と快適性は保証します。

ちなみに、おすすめのグリップヒーターまとめに関しては、【安くておすすめのグリップヒーター4選】万全な装備で冬のバイクを快適に!にて紹介しています。

ご参考までに!

お読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] 【関連記事】⇒グリップヒーターって効果あるの? […]

  9. […] […]

  10. […] 【おすすめ記事】⇒グリップヒーターって効果あるの? […]

  11. […] […]

タイトルとURLをコピーしました