【どう置く?】砂利の上へのバイクの停め方 おすすめマット4選を紹介 | モトコラム!

【どう置く?】砂利の上へのバイクの停め方 おすすめマット4選を紹介

※当ブログではアフィリエイト広告やプロモーションを掲載しています。

バイク用品
悩んでいる人
悩んでいる人

砂利の上にバイクは駐輪しちゃいけないの?バイク駐輪にぴったりの砂利対策おすすめ品があれば知りたい。

こんな疑問を解決します。

自宅や駐輪場の環境によってはどうしても砂利の上にバイクを保管しなければならない事もあると思います。

今回は砂利や未舗装路面への駐輪が望ましくない理由とおすすめの砂利対策グッズをご紹介していきます。

タケオ
タケオ

後述しますが、砂利に強いオフロードバイクに乗り換えるならカチエックスの下取りがおすすめです。使い方は、カチエックスの使い方と査定の流れを解説!売らないでキャンセルは可能?でまとめています!

スポンサーリンク

【バイク】砂利(未舗装)への駐輪が望ましくない理由

結論、バイクを砂利の上や未舗装路面へ直置きで駐輪することはあまり望ましくありません。

理由は以下の通りです。

  • バイクの出し入れが困難になる
  • タイヤに悪影響(砂利が食い込む)
  • 地面からの泥はねを受けやすい

第一に砂利や未舗装の道はバイクの取り回しが非常に困難になります。

取り回しのしづらさは最悪車体の転倒や立ちゴケの原因になることも。。

また砂利がタイヤに食い込むことによる悪影響も考えられます。

平らなコンクリートに駐輪する場合でも長期間保管する場合にはタイヤの変形リスクが考えられる為「メンテナンススタンド」を使用するライダーもいるほど。

Amazon

長期間砂利が食い込んだまま置いておくのは、タイヤの劣化を早めるかもしれません。

そして悪天候時は地面からの泥はねも起こりやすくなります。バイクカバーで覆っていても足周りが泥まみれでは萎えますよね。。

以上を考えると、できれば安定した平らな地面の上にバイクを保管したいのが本望です。

【砂利の上にバイクを置くなら!】おすすめ対策グッズ4選

オートマット

プレートを繋ぎ合わせる作業は必要になりますが、工具なしで簡単に地盤を補強できるアイテムがこちら。

一枚からの購入も可能ですが小型バイクなら6枚+スロープ付きのセットがおすすめです。

大型バイクならほぼほぼ8枚セットで問題なし。

タケオ
タケオ

敷く事で雑草対策にもなるので一石二鳥でおすすめです。

バイク用ゴムマット

シンプルなゴムマット。重さは15キロですが成人男性であれば難なく持ち上げたり移動ができるレベルです。

後述するガレージマットのようにリバーシブル構造ではないものの、シンプルかつ安価な点がおすすめポイント。

LIFAXIA 滑り止めガレージマット 

ただ敷くだけの簡単設置で未舗装道路にもバイクが駐輪できるようになるアイテム。

重量も25キロとかなり重めなため、敷くだけでもかなりの安定感。勝手にズレてしまう心配もほぼ無いでしょう。

また両面使えるリバーシブル構造なので、場面に応じて流水機構を活用して水捌けを良くすることもできます。

リバーシブル構造なので、片面が劣化で傷んでしまった場合でもひっくり返せばより長く使用することができるでしょう。

アラオ株式会社 ワンツーマット

LIFAXIA 滑り止めガレージマットと類似品でより軽めのマットをお探しの方はこちらがおすすめ。

1メートル×2メートルで重さは約12キロです。

マットを敷きっぱなしにはせず、定期的に移動・撤去が必要な環境下の方にはおすすめな屋外用ゴムマットです。

砂利に強いオフロードバイクへの乗り換えもおすすめ

不安な方は、バイクごと砂利道に強い車種は乗り換えてしまうのも一つの手段です。

意識したい条件は、タイヤタイプと車重。

砂利に強いブロックタイヤを履いていて、かつ車重の軽いタイプのバイクがおすすめです。

そんな環境に適したジャンルはオフロードバイク。

ちなみに、もしお持ちのバイクからオフロードバイクに乗り換えを検討するならカチエックスでの下取りがおすすめです。

スポンサーリンク

理由は簡単な手続きで高額査定が出しやすいから。利用料は無料で、査定後のキャンセルも無料でできます。

カチエックスに関する記事は以下でもまとめています。

屋外保管なら防犯チェーンは必要不可欠

屋外でバイクを保管するなら防犯用のバイクチェーンは必要不可欠。

理由は、バイクの盗難は本気で狙われてしまうと防ぎようが無いため。

車とは違い車体がコンパクトで軽量なバイクは、プロの業者に狙われてしまえば担いで運ばれてしまいます。

そんな最悪な事態を回避するためにも防犯用バイクチェーンは必要不可欠と言っても過言ではありません。

おすすめの防犯チェーン3選とおすすめの盗難対策に関しては以下記事でも解説しています。

砂利上へのバイク駐輪が不安な方におすすめなサービス2選

総じて、屋外でのバイク保管が不安でならない方には以下のサービスがおすすめ。

  1. バイク盗難用の保険加入
  2. バイクガレージの契約

どちらも経済的負担は増えてしまいますが、万が一の事態を想定すれば安いもの。

バイクガレージが近所にあればレンタルを検討するのも一つ。

レンタルガレージが借りられれば、

  • 盗難リスクからの解放
  • バイクが雨風にさらされるリスクからの解放

と細かい不安要素は全て取り払われます。

中でも「加瀬倉庫」は全国展開数No. 1です。あなたの近所にある倉庫を探してみたい方は以下から検索可能です。

>><レンタルボックス>を自宅周辺で探す

またバイク盗難保険なら「ZuttoRideClub」が人気で定番の保険です。

月々の費用は映画サブスクと同レベルの出費で盗難対策が可能。

モンキー125を例にとると、新車価格は440,000円。

「盗難40」プランに加入すれば年会費15,900円で最大40万円分までの保険がおります。

年会費は月換算で考えると月々1,325円です。

公式サイトは以下からも飛ぶことができます。参考までに。

>>「ZuttoRideClub」公式サイトはこちら

砂利の上にバイクを置いているそこのあなた。何か一つでも対策を施しておけば公開をしないで済むかもしれません。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
↓こちらも読まれています[PR]
バイク用品
タケオをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました