【バイクヘルメット】寿命・買い替え時期はいつ?年数以外にも注意点あり | モトコラム!

【バイクヘルメット】寿命・買い替え時期はいつ?年数以外にも注意点あり

ヘルメットの寿命の画像バイク雑学

バイク用品の中でも定期的な買い替え・新調が必要になってくるアイテムが「ヘルメット」ですが、

バイク用ヘルメットの買い替えは決して安い買い物ではないので、どうせなら適切な時期に交換していくことで、安全面を維持しつつ経済的に使っていきたいですよね。

そこで今回は、

ヘルメットを少しでも長く安全に使うために必要な情報を自身の経験も交えながらまとめてみました。

「ずっと古いヘルメットを使ってしまっている。。」

「自分のヘルメットの寿命を知りたい。。」

上記のようなお悩みを抱えている方や、少しでも長く安全にヘルメットを使いたい!とお考えの方は是非当記事を読んだ上で、買い替え等をご検討ください。

大事に使えば5年はOK

いきなり結論となりますがバイク用のヘルメットは、

大事に使い続ければ”5年程度の使用でも実際大きな問題が無いのがほとんどです。

これは、過去の私の経験上からも確かです。

上記に関しては、ヘルメット有名二大メーカー「アライ」と「ショウエイ」のホームページにも記載がされています。

アライ HPより  https://www.araihelmet.eu/en/faq

ショウエイ HPより  https://www.shoei-helmets.com/helmet-maintenance/

バイク用ヘルメット内部の発泡スチロールというのは時間の経過とともに劣化・へたりが必ず出てきます。

内部が劣化したままのヘルメットでは万が一の事故の際に、頭部を十分に保護してくれなくなってしまいます。

またそれらの影響は安全性以外にも、高速走行時のヘルメットのがたつきにも繋がります。

今まで窮屈だったヘルメットが楽に収まるようになってきたと感じたときは、内部のへたりが始まっている可能性もありますので注意が必要です。

3年寿命説は一概に嘘ではない

ヘルメットの寿命の話題が挙げられた際によく言われるのが「3年が買い替えの目安」という話ですが、

先述した通り、

自然発生的な内部のへたりの影響なども考えると一概に嘘とは断言できないのが事実です。

もし、経済的な余裕があるのであれば3年前後を目安として新しいヘルメットに新調していく方が無難と言えるでしょう。

※3年が寿命と言われるのには「SGマーク」が関係している

ここからはヘルメットの寿命・適正な交換時期の目安に、なぜ3年が推奨されているのかについて見ていきましょう。

それには”SGマーク”が関係をしてきます。

⇒SGマークってそもそもなに?

SGマークとは「Safe Goods」の略称で、

一般財団法人 製品安全協会が定めているマークのことを指します。

引用元:SGマーク

SGマークの認定を受けている商品において万が一欠陥があり人身事故等が発生した場合は、賠償措置をとれるような契約を協会側が保険会社さんと結んでいます。

そしてその契約の有効期限が3年ということで、世間的に「3年使ったら交換するのがベター」という認識になっているのだと推測できます。

※使用年数以外にも注意点あり


通勤・通学などでほぼ毎日のように被っているヘルメットは、扱いも雑になりがちで、使用頻度もかなり多くなるかと思います。

そのような方は、「買ってから○○年」とか以前にヘルメットの外観や見た目にも注意が必要になってきます。

例として、ヘルメットのあごひもについて考えてみましょう。

万が一の事故時にヘルメットが頭からすっぽ抜けるのを防ぐ為に大切な部分ですが、

あごひもにほつれなどがあった場合は早急な買い替えを検討しましょう。

ほつれなど劣化がある状態ではあごひもが事故時の衝撃でちぎれる可能性が高いです。

また、購入当初よりヘルメット自体が緩く感じたり、走行時にずれたり揺れたりしやすい場合もだいぶクッション材がへたっている証拠です。

このような症状が現れた際は、注意が必要です。

※アウトレット品は製造年数にも注意

先程も書いたように使用年数だけで考えるとおよそ5年は使えますが、バイク用品店の店頭などで時折安売りされている「アウトレット品」に関しては購入の際に注意が必要です。

アウトレット品の場合には必ず、「製造年数」にも着目してみてください。

製造年数を目安に考える場合には、最長でも7年を目途に買い替えが必要です。

こちらも先述と重なりますがヘルメットというのは、着用していなくても年月が経つことでクッション材が劣化をしてしまいます。

なので安売りされているからとアウトレット品を買ったはいいものの、

製造年月日が古い物は結局、安全に使える期間が短いので、結果安物買いの銭失いになり兼ねません。

安いものには場合によってはそういったデメリットもありますので、そのあたりもよく確認しておきましょう。

ヘルメットは強い衝撃を受けると寿命が短くなる?

また、使用年数が5年以内の場合でも、強い衝撃を一度でも受けているヘルメットは、以後の使用は控えましょう

衝撃吸収材は一度衝撃を受けると、吸収効果が大幅に下がり、安全性に支障をきたします。

特に一度事故などで衝撃を受けてしまったヘルメットは一発アウトです。即買い替えましょう。

これに関しては使用期間関係なくアウトです。

なので、普段使いにおいても落下などなるべくさせないよう、ヘルメットの扱いには注意が必要です。大事に扱うことで節約にもつながるということですね。

場合によってはスクリーンだけの交換も検討が必要

虫や砂埃から顔を守ってくれるスクリーンですが、

普通に使っていても小傷などが付くことで少しづつ見えづらくなることもあります。

視界不良は最大の敵なので、使用年数関係なくスクリーンの交換にも注意を向けても良いでしょう。

ちなみにスクリーンのケアには便利なケミカル剤が多く発売されています。

ヘルメットの落下防止策2選

横着してシートなどに載せておいたヘルメットを地面に落としてしまうというケースはライダーにとって最悪な瞬間ですが、割と経験のあるライダーさんも多いのではないでしょうか。

勿論こういった些細な落下でも、外装と内部クッション材へ大きなダメージを与え、バイク用ヘルメットの耐用年数を短くします。

そのため現実的な対策としては、

  • 休憩時、必ず地面にヘルメットを置く
  • ヘルメットホルダーの装着

の2つの対策が挙げられます。私は必ずどちらかの対策も併用して徹底しています。

※ちなみにヘルメットホルダーの装着は、バイク屋さんでも簡単にやってくれます。

結論:基本5年使用はOK。(状況によって臨機応変な買い替えがベスト)

今回の要点をまとめるとこんな感じです。

  • 「3年が寿命」と言われる由来はSGマークの保証期間が由来
  • 大きな外傷等がなければ「5年」は使える
  • 強い衝撃を受けていたりあごひもにほつれが見られる場合は要交換
  • 安売りのアウトレット品は「製造年数」にも着目
  • より長く使うためにも日頃の扱いに細心の注意を

今回の内容を踏まえ、自身のヘルメットも問題がないか見直してみましょう。

またヘルメット以外の装備面での安全意識も見直してみて頂きたいです。

タイトルとURLをコピーしました