【UberEatsには50ccより125cc?】原付二種スクーターの強みとおすすめの車種をご紹介! | モトコラム!

【UberEatsには50ccより125cc?】原付二種スクーターの強みとおすすめの車種をご紹介!

バイク雑学

今流行りの配達サービスである「ウーバーイーツ」ですが、いざ配達員を始めようと考えたとき、あなたは自転車とバイク、どちらを仕事のパートナーとして選びますか?

多くの方が、まずは手軽な自転車50ccの原付スクーターの使用を検討するのではないでしょうか。

まず自転車での配達におけるメリットは以下のような点が考えられます。

  • 短距離の配達には強い(件数稼ぎに有利)
  • 仕事が良い運動になる(ダイエット効果、運動不足解消効果)
  • 経済面のコスパが優れる(ガソリン代や消耗品パーツ代)
  • バイク・スクーターほど道交法の縛りが厳しくないので検挙リスクは低め

しかし反面でデメリットとしては以下の点も挙げられます。

  • 体力勝負の部分が強い(長距離配達には弱め)
  • 短距離配達でなければ移動時間を食いやすい
  • 強風時など、悪天候時の体力消耗は異常
  • ロードバイク・クロスバイクはパンクリスクが高い

もちろん配達で回るエリアの特性や個人個人の体力や能力によって向き不向きは異なりますが、自転車での配達は一長一短です。

しかしバイク・スクーターでの配達は、体力を使わずに遠方への配達も可能なため稼ぎやすく、老若男女問わずおすすめなのです。特に、日常使いで125ccスクーターをお使いの方にはよりベストでしょう。

今日はそんなウーバーイーツを始める方に向けて、125ccをおすすめする理由おすすめの車種・装備のご紹介です!

配達に50ccではなく125ccスクーターを勧める理由

免許の関係などにより多くの人が気軽に乗れるのが強みとされる原付バイクですが、配達に使うにはあまり向いていませんまずはその理由を挙げていきます。

①検挙されるリスクが高い

仕事でバイクに乗ることになれば、運転は無意識的に荒くなることもあるでしょう。また、ちょっとした標識の見落としをする可能性も増します。そんな環境下において、法規制の厳しい原付になんて乗っていれば、頻繁に警察の厄介になる可能性が高いです。

考えられる検挙リスクの高い原付の走行ルールとしては

  • 30キロ制限の速度規制
  • 交差点進入時での2段階右折

などと言った50ccならではのルールが道交法では佐田豆られており、当然違反をすれば警察の方に取り締まられた挙句、せっかく稼いだ時給も水の泡となります。

また、遠方への高単価の配達においても、行けなくはないですが国道などを走り続けるには50ccでは事故リスクも高いです。そして単純に疲れるので、配達サービスにばっちり適していそうかというと、微妙な所ではないでしょうか。

②維持費・燃費もさほど変わらない

実は50ccも125ccも維持費自体はほぼほぼ変わりません。ここを勘違いしている方も多いですが、実際に確認してみましょう。

まずバイク所有には「軽自動車税」がかかってきます。これは毎年4月に通知が全バイク所有者の元に届き、5月中に収める必要があるものです。この税金の金額の詳細としては、

原付➡2.000円

小型(125cc以下)➡2.400円

です。

その差は年間わずか「400円」。

そして全ライダーに加入が義務化されているのが「自賠責保険」ですが、金額は125cc以下なら金額は下図の通り一律です。

契約年数料金
1年7500円
2年9950円
3年12340円
4年14690円
5年16990円

どちらにおいても税金関係は年額1万円弱なんですね

さらに燃費ですが、最近のスクーターは125ccクラスであっても非常に低燃費な良いエンジンが積まれております。

もちろん個人の運転の仕方にもよりますが、ガソリン1リットル当たり40~60キロ走る車種が増えてきているようです。

50ccバイクも燃費はおよそ50~60キロが平均である為ほぼ大差ないと考えてよいでしょう。(ちなみにカタログ値は実燃費とは異なるケースが多いので注意を。あくまで実燃費の話です。)

③事故リスクが高い

原付は馬力がないため最高速・加速力にどうしても劣ります。

その為大通りを交通の流れに沿って運転するのはほぼ不可能なのが現実です。

また車の邪魔にならないようにキープレフトを徹底し、左端を走ることがほとんどですが、実はキープレフト遵守の運転は交差点などにおいて非常に死角に入り込みやすいため危険なのです

それに車体もエンジン音も小さい原付は存在に気づかれないことも多いので、事故に遭う確率が高いと言えるでしょう。

上記の三点から、125ccバイクの方がおすすめなのではないかと考えられます。

125ccを超えるバイクでの配達時には注意が必要

配達サービス等での利用においては排気量が大きければ大きいほどいいというわけではなく、125ccを超えるような場合には「貨物軽自動車運送事業法」に注意しなければなりません。

簡潔に申しますと、例えば250ccのような排気量バイクでは、事前に住所を管轄する運輸支局輸送窓口に届け出を出さなければ配達を行う事は認められず、もしルール違反をした場合には法に触れることになります。

125ccを超えるバイク・スクーターは届け出の手間がかかる上に、小回りや機動性に関してはどうしても劣る為、不向きと言えます。

そういった面でも、125ccが最適と言えますね。

マニュアル車(MT)よりもオートマ車(AT)のスクーターが最適

配達には、どちらかというとMT車よりもAT車であるスクーターが適していると言えます。

理由として挙げられるポイントとしては、以下になります。

  • メットインにて簡単に収納が出来る(雨具など緊急用アイテムがおそらく必要となる為)
  • 発進・停車を頻繁に繰り返す配達時には、マニュアル操作が煩わしくなることもある
  • 極力疲労を残さずに運転する必要があるため、運転操作が簡単である必要がある

どうしてもMT車での配達に憧れる方におすすめの車種は、ホンダのカブシリーズです。

最近はおしゃれなデザインのクロスカブシリーズも人気を博しております。

(クロスカブのHonda公式ページはこちら!)

日常で既に乗っている方は迷わず125ccスクーターを準備しましょう

先述したように125ccのスクーターは、配達サービスでの利用に適した強みを多く持ち合わせております。

ただ、

125cc免許を持っていない方や

免許はあるがスクーター自体はまだ持っていないという方からすると、

用意するまでにそれなりの資金が必要になるので敷居が高いのも確かです。

どうしても経済的に難しい方は断念せざるを得ないですが、コロナ禍において通勤・通学をスクーターにシフトする方も増えております。

ちょうどバイク通勤・通学に興味があった場合なんかには配達にも日常にも使えてと何かと便利になること間違いなしなので、ぜひ検討してみてください!

初心者にもおすすめの125ccクラスの紹介

配達用に使うには、やはり「疲れづらい」「車重が軽い」「収納があると便利」「低燃費」そして「低価格」であることが求められます。

それらが揃っているスクーターの紹介に関しては、下記の別記事に載せてあります。

具体的なランキングとしては、

  1. ヤマハ アクシスz
  2. ホンダ リード
  3. スズキ アドレス110
  4. (番外編)スズキ スウィッシュ

となっております。

詳しい紹介に関しては下記の記事もご覧ください。

配達員にスマホホルダーは、もはや必要不可欠?

配達件数をこなし、しっかりと成果を出すためには次々と新しい住所を入力し、見知らぬ土地へ時間に追われながら走らなければなりません。

そんなタフなウーバー隊員さん達にスマホナビはもはや必須ですね。

そこでスマホホルダーがあれば役立ちます!

⇧上記は実際に自分も使っている商品。iPhone11proも着脱可能。リジットタイプ・クイックタイプの二種類が出ていますが大きく違いはないですが、リジットタイプのが取り外しづらく防犯性が高いです。

また脱落防止のゴムバンドも付いているので落下のリスクはかなり低いです。

※ホルダーを付けるためのクランプバーも忘れずに

基本的にスクーターにスマホホルダーを取り付ける際には、

ホルダーを固定するためのクランプバーを増築しなければなりません。

通常のバイクであればハンドルバーが露出しているので、直接ハンドルバーに取り付けることが可能なのですが、スクーターはほとんどの場合カウルに隠れているため、取り付けバーを増築する必要があるのです

そんな時、デイトナさんのクランプバーであればミラーのねじ部に固定が可能な為、比較的容易に固定バー増築できます。

ねじの大きさも10mmと8mmに対応しているため汎用性が高いです◎

まとめ

いかがでしたでしょうか。

原付の免許は多くの方が持っていますし、簡単に乗り出すことが出来るのは50ccの強みではありますが、配達業務等仕事で乗り回すとなると先述したようにデメリットも案外多いです。

これからウーバーイーツを始めようと検討中の方は、参考にしてみてくださいね。

配達や通勤の足として、
「PCX」「アドレス」「リード」「モンキー」などの人気車にお乗りの方は注意が必要です。

これらのバイクは非常に”盗難にあうリスク”が非常に高いのです。。
これらの人気車種は人気ゆえにリセール率が良く高く売れます。そして車重も比較的軽いので狙われてしまえばいとも簡単に運ばれてしまうでしょう。
場合によっては防犯チェーンすらも破られてしまうケースもあるようです。警察も積極的に捜査してくれないこともあるとか。。

そのため万が一に備えて「盗難保険」に加入しておくことが一番の対策です。

個人的おすすめは「ZuttoRide Club」の盗難保険です。

プランの上限額はいくつか用意されていますが、
「30万円1年プラン」なら年会費は12,700円です。月換算で1,058円/月です。
昼食1回分我慢すればスクータークラスならまかなえるくらいの保険がかけられるという訳ですね。
万が一盗難に遭った時のことを考え、この保険料が安いと取るか高いと取るかは人それぞれかもしれません。
ですが世の中何が起きるか分かりません。備えあれば最強かもしれませんね。

※またパーツ単体の盗難や鍵穴へのいたずらにも対応可能あ保険が組み込まれています。
参考までにリンクも貼っておきます。

タイトルとURLをコピーしました