【クアッドロック】取り付け方法!実際に装着してみてのレビュー | モトコラム!

【クアッドロック】取り付け方法!実際に装着してみてのレビュー

クアッドロック取り付け方スマホホルダー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホホルダーは今や当たり前のように普及をしており、大人気のバイクグッズの中の一つですがその中でも「iPhone用に振動防止対策」が施されているのがクアッドロックです。

今回はそんなクアッドロックを実際に購入してみたので、

取付方法から実際に取り付けて走行してみた簡単なレビューを載せさせていただきます。

購入商品

取付・装着方法

ではさっそく取付手順を画像とともに紹介させていただきます。取り付け工程は非常に簡単です。

開封

クアッドロックは開封すると取り付けに必要な六角レンチも初めから同封された状態です。出先で購入した場合でもそのまま取り付けが出来、即日で使うことも可能でしょう。

クアッドロック画像

①ハンドル幅によってスペーサーを装着

該当車種のハンドルバー幅に対応するスペーサーを装着しましょう。もちろん、スペーサーが必要ない場合はそのままマウント本体を取り付けてもOKです。

クアッドロック、スペーサー画像

②ボルトを少し緩めて作業しやすい角度に仮止めしておく

開封直後の状態ですと、マウント本体が取り付け時に締め込みが必要なボルト穴の真上に重なってきてしまっているので、事前に少し角度を変えておくと作業がしやすいです。

クアッドロック画像

③レバー本体をマウント本体へ取り付ける

次に青色の取りつけレバーが付いているパーツをハンドルへ取り付けたマウント本体へ取り付けていきます。

クアッドロック取り付け画像

取り付ける際は背面のギザギザ部分を合わせるようにするとカチッとはまります。このギザギザ部分をどの角度に合わせるかで取り付け角度はかなり自由に融通が利かせられますので、必要によっては角度を微調整しましょう。

上から合わせられましたら、付属の六角で締めこんでいきます。

クアッドロック取り付け画像

※衝撃吸収ダンパーを付ける場合は②と③の間にかます

iPhoneのカメラ故障が怖い場合には衝撃吸収ダンパーを間にかますことをおススメします。

クアッドロック取り付け画像
クアッドロック取り付け画像
クアッドロック取り付け画像

見栄え的にはそこまで変わらせずにより振動を軽減させられます。

⑤全体の角度を確認後、本締め

全体の角度を決めていき、最後に本締めです。

ハンドルをフルで切ってもタンクに干渉しない、かつスピードメーターが見づらくなく鍵穴の真上にも来ないよう、車種にもよりますがベストなポジションを探していきましょう。

また本締め時も揺れが極力少なくなるよう、緩んだりしないようしっかり締めこむ必要がありますが、あまり強く締めすぎるとボルトがなめたり、本体が破損する可能性もあります。

程よい強さを見極めて慎重に締めてください。

クアッドロック取り付け画像

⑥完成

愛車MT-09での装着図は以下になります。

MT-09クアッドロック取り付け画像
MT-09クアッドロック取り付け画像

装着後のレビュー

さっそく装着後500キロ程走行しましたが、外れそうになるなどトラブルは一切なく、取り付けもコツを覚えれば簡単に思えました。

また気になる振動の方ですが、走行中にスマホ本体を手で触ってみましたが、一般的なスマホホルダー(デイトナ製)と比較しても気持ち、スマホ本体に伝わる振動は軽減されているのが分かりました。

スマホケース本体に関してもデザインはかなりスマートな為、普段使いにも何ら抵抗はなかったです。

強いて欠点を挙げるとすると、

  • やや滑りやすいので手元から落下させやすいかも
  • ケース背面の取り付け用穴にほこりや塵が溜まりやすい

の2点です。

iPhone13装着例。赤丸部に埃がたまりやすいかも、、
クアッドロックの内装。中も作りはしっかりしてます。

とはいえ個人的には買ってよかったと思えるバイクパーツの一つです。

まとめ

人気のクアッドロックはカバーとセットでの購入が必要になるので金額はやや張りますが、それを忘れさせる剛性感と安心感がこちらでは感じられます。

iPhoneは故障させてしまうと下取りの金額もかなり下がってしますので、それを予防するための投資と考えればコスパは悪くないのかもしれません。

そして見た目の良さと操作性の良さも評価すべき点です。

気になる方は是非検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました