【2021年新型】CRF250L試乗インプレ!気になる乗り心地は? | モトコラム!

【2021年新型】CRF250L試乗インプレ!気になる乗り心地は?

CRF250L

2020年12月にフルモデルチェンジをしたことで注目を浴びているのがHONDA CRF250L

現行で発売されている数少ないオフロードバイクですが、

今回こちらをレンタルバイクにて試乗することが出来たので、

ライダー歴11年の私が、乗ってみて感じたメリット・デメリットを率直にご紹介できればと思います。

オフロード素人のインプレにはなりますが、CRF250Lの購入を検討している方や気になっている方は是非読んでいってみてください。

CRF250Lのスペック

車体は140キロの超軽量。従来モデルよりも約4キロ程軽量化がなされています。

全長はヤマハの名車WRと比較するとやや長めで、全体的に大きくなっています。

  • 全長 2210mm
  • 全幅 820mm
  • 車重 140kg
  • 最高出力 18kw(24ps)
  • 燃料タンク 7.8リットル
  • 燃費(WMTC値) 34.8km/l

引用元:HONDA HP

排気音の動画

排気音の参考までに動画を撮影したので載せておきます。

歯切れのいい単気筒サウンドで、個人的には超好みでした。

乗ってみて感じたメリット

感じたメリットは以下の6点です。

一つずつ見ていきましょう。

メリット①姿勢がめっちゃ楽

私の身長は174センチですが、参考までに足つきチェックをしてみました。

足つきに関しては以下の通りべったり両足が着きます。

シートも高く感じましたが、サスは柔らかいので跨ると車高がスッと下がり全く問題なしでした。

※スコイコの靴がやや厚底なので、身長176〜177くらいでイメージしてみてください!

これに関してはオフ車のほとんどに当てはまる長所ですが、やはり座った時の姿勢は非常に楽で負担が少ないです。

完全直立になる為、肩から腕まわりは疲れづらいかと思います。

また、立ち乗り姿勢も非常に楽です。

メリット②倒しやすい車体

これに関しては車重が軽いからなのか、タイヤが細いからなのか、タイヤの径が大きいからなのか、車高が全体的に高いからなのか、

要因は一つではないかもしれませんが、とにかく倒しやすく峠道がめっちゃ楽しかったです。

表すとしたら、パタパタと車体が倒せるので素人でも無理なく峠道が走れる感覚です。

ブロックタイヤも、しっかりグリップしてくれたので安心感はありました。

メリット③燃費は抜群

単気筒エンジンということもありますが、ホンダのエンジンは燃費もやはり強いようです。

今回の試乗車のメーター表示燃費はおよそ37キロ/L

峠道を走っていてこの燃費なので、かなり高性能なのが伺えます。当然ガソリンはレギュラーです。

経済面ではかなり強いのではないでしょうか。

タンク容量は7.8Lとやや小さいですが、これだけ燃費が良ければ申し分ないです。

メリット④小回りがめっちゃ効く

軽量であり、かつハンドル切れ角が広い為

停車時の小回りや旋回はかなり楽ですし怖さがないです。

正直車重の重いバイクって取り回しがすごい怖いですよね。

でもcrf250lなら、軽さも相まって不安感は少なかったです。

小回りが効くことは、様々な場面で活きてきます。

結局は疲れないバイクが1番いいのかもしれません。

メリット⑤多機能なメーター

crf250lのメーターはオフロードバイクにしては珍しく多機能です。

エンジン回転数/ギアポジション/平均燃費計/燃料消費量計/平均速度などの表示機能をひとつに集約した非常に見やすくシンプルなメーター周り

メリット⑥シートは意外と柔らかめ

オフ車のシートは硬いと有名なので期待はしてなかったですが、予想より柔らかくて座りやすかったです。

ただこれは普段MT-09に乗っている影響で慣れている可能性もあるので一概には言えませんね(MT-09もまあまあ硬いです)

しかし、MTのシートの様に乗っているうちに慣れることは全然あり得ると思うので、そこまで気にしなくても問題ないかなと思います!

メリット⑦安定感のある走行性能

まず直進安定性能を高いバイクです。

これに関しては、タイヤの径が大きいからなのか、寝かした状態からでもグッと直立様態に戻ろうとする力が強く、峠道なんかでは面白い走りが出来ます。

また地面に対する接地感もしっかり感じられ、ワインディングでの怖さがあまり感じませんでした。初心者ライダーでも「うまくなった感覚」を憶えられるような操作性能の高さもあります。

接地感に関してはホンダ公式ページにも記載のあるように、「フレームの軽量化による路面追従性のアップ」が効いているのかと思われます。

乗ってみて感じた意外なデメリット

反して感じたデメリットについてです。

思ったことを全て率直に書きます!

デメリット①エンジンが熱い

crf250lはエンジン構造上、結構太ももが熱くて驚きました。それも特に右足の太もものみが暑くなる仕様です。

左側はフレーム構造上そこまで気にならなかったです。

夏場にはネックになってきそうな熱量ですね。

(まさか250でも太ももの熱くなるバイクがあるとは…)

構造として、シート直下にエンジンがある+外装のカウルが簡易的なものな為、熱が直で来るのでしょう。

ただ、大型バイクのそれと比較すれば大した熱ではないので、そこまで大きな問題ではないです!!

デメリット②プラスティックパーツがやや安っぽい

触ったりしないとわかりづらいですが、やはり中型バイク、プラスティック素材などは若干安めの印象を受けました。

ただ言ってもオフロードバイクです。傷ついてなんぼのバイクなのでそう言った素材選びなのかもしれません。

オフロードバイクは、傷とか汚れが気になる人には向かないバイクですね。

デメリット③カラーが派手な為か、虫が寄りやすい

これは本当に個人的な意見ですが、バイクカラーが派手な為めっちゃ虫が寄ってきて嫌でした笑

シートに群がる虫たち

虫嫌いには合わないバイク?なのかもしれませんね、、

写真のような小さい虫だけならまだしも、大きめのハチが寄ってきた時は普通に怖かったです。

デメリット④配線が気になる

crf250lといえば、メーター頭上に配線が通っているのが良くも悪くも特徴的です。

運転していて、視界への支障はないのですが少し気になりますね。このケーブルは見たところ恐らくブレーキ関連のものの様です。

配線がもう少しスッキリまとめられればよかったかなとは感じました。

その他の詳細部分紹介

メーター横にはABSオンオフ用のボタンが装備されており、林道とか行くときに玄人ライダーさんが使うボタンの様です。(基本はABS装備です)
エンジンまわりはシンプルなので整備性は良さそうです
ラジエーター部分
ホーン部分。意外と隠れたところに収まってます。
中型クラスなので仕方ないですが、スタンドはやや安めの作り。下ろすのも硬めでした。

しかし接地面部分は比較的大きく作られていることから、砂利道やダートでの駐車時でも安定感は期待できそうです。

ウインカーはポジションランプが、そのまま点滅する様な仕様です。純正LEDはありがたいですね。

まとめ:様々な場面で使えるオールマイティな一台

虫の件は一度置いておくとしてまとめですが、

乗ってみた感想としては、

予想していたよりも乗りやすく、公道使いも十分可能な一台でした。

それこそ、通勤用として普段使いするもよし、ツーリングに出掛けるのにも楽しさの感じられるバイクだと思います。

またオフロードバイクは災害時に役立つと言われることも多いです。所有していてなにかと役立つ車種と言えるでしょう。

ですがやはりオフロードバイクという特性上、長距離ツーリング向けのバイクではないのも確かなため、

  • 長距離ツーリングに頻繁にいかない方
  • 高速道路を頻繁に使わない方

には適したバイクだと思います。

また、振動に関しては、個人的にはそこまで気にならなかったです。

電子制御などもバッチリされている為、オフロードバイク初心者の方でも問題なく乗れるかと思います。

ギア操作としては街乗りであれば基本3速の使用がほとんどになるのではないでしょうか。直線加速の際でも4速まで上げれば十分かな?という感覚でした。

ただ、5速6速も後に構えているのは心強いです。

試乗してみて、

オフロードバイクの楽しさ実用性の高さ、経済的な強さを実感し、今後大型バイクからオフ車に移行する計画も少し現実味を帯びてしまいました。

オフロード素人のインプレとなり恐縮ですが今回は以上です。

ここまで読んでいただいた方はありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました