【煽り運転対策】バイクで車に煽られたら?煽られた時にライダーが取るべき対応 | モトコラム!

【煽り運転対策】バイクで車に煽られたら?煽られた時にライダーが取るべき対応

バイク雑学

バイクやスクーターに乗っているとき、後続の車に煽られたり幅寄せをされたりした経験を、皆様はお持ちでしょうか?

実は車だけに限らず、バイクに乗っていても煽り運転に遭う確率というのはかなり高いのが現実です。というかバイクに乗っている時のが車に乗ってる時よりも煽られることが多い気もします。

そこで今回は、

バイクに乗っているときに車に煽られてしまったときの対応について記事にしてみました。

ご自身の安全の為にも大切な内容かと思います。是非呼んでいっていただきたいです。

絶対に「カッとなってはダメ」

長年バイクに乗ってきた経験から申し上げますと、バイクに乗る上でこれは頭の片隅に入れておいていただきたいです。

そして初心者ライダーさんベテランライダーさん問わず忘れないことが大切です。

自分の乗っている大切なバイクが煽りの被害に遭うと、ついイライラしたり、その車に対して怒りがこみ上げてくることってありますよね。

私も何度か「これがいわゆる煽り運転かな?」と感じる車に遭遇しましたが、なんかめっちゃムカつくんですよね。。

それも特に悪い運転をしていない時に限って、何かのきっかけで煽られたりするものです。

しかし、何度もいいますが絶対にイライラしてはいけません

ではなぜカッとならない方が良いのか、以下ではその理由について触れていきます。

(※カッとなった際の対処法はこちらの方のサイトも参考になります)

理由:バイクだけが一方的に危険な状況となり、リスクが高いため

カッとなり熱くなっているときはつい忘れがちですが、車に対して仕返しとかしようとしても

バイク側ばかりにリスクが増えてしまいます。

たとえば、後続車に対して執拗な急ブレーキなどをして対抗したとき

相手方が少しブレーキングをミスればこちらだけが追突に遭い、大怪我を負いますよね。

また、煽り運転の末、危険な追い越しをしていった車に対して、後をつけて至近距離での追い回しなんかしようものなら、

追突のリスクは勿論のこと、急ブレーキによる転倒・単独事故が起き兼ねないです。

その結果、ライダーのみが怪我をするなんて可能性もあります。煽られた挙句にこちらだけが怪我なんてしたら相手の思う壺です。

ライダーは生身の体で運転しており、安全面においてはかなり弱者な立場です。

また、相手方が激高して車から降りてきた際もライダーは危険な状況になります。(車であれば、鍵を閉めるなど対処法がある為)

以上の点から、熱くなって仕返しを考えることはリスクしかなく、有効ではないので絶対に我慢しましょう。

(ちなみに外国人のYouTube動画みたいに相手の車のサイドミラーを拳で叩き割る行為も絶対禁止です。笑)

一定数、バイクを害悪だと考えている人もいる

世の中には色んな考えの方がいるので、中には

「バイクに乗っている人はみんな害悪。」

「ライダーはだいたいマナーが悪い。」

と考えている人もいるものです。

まあ確かに一定数マナーの悪いライダーや爆音撒き散らして走っているヤンチャな方もいる為、この偏見も完全な間違えではないですが、道交法や安全を遵守して真面目に走っているライダーさんからすると飛んだ迷惑ですよね。

とはいえ先ほども話したように多種多様な考えを持った人が集まっているのがこの世の中です。自分の考えと合わない人もいる、ということを認識し、広い心で煽り運転に対しても対処できれば理想的と言えるでしょう。

正しい対処法:なるべく”早めに”道を譲ってしまう

煽り運転遭遇時の最も有効な対策はこれだけではないでしょうか。

煽られたり、煽りに近い運転を後続車がしてきた場合はライダーは”早めに”道を譲るのが一番適切な対応です

早めにという点を強調するのも

せっかくの楽しい時間をそんな車に奪われるのがもったいないからです

また至近距離で走られることは、ライダーにとっては危険な時間が増えるということです。

そのため早めに道を譲ることをお勧めします。

早めに道を譲れる心の余裕のあるかっこいいライダーさんになれればそれは素晴らしいことなのです。

またそういったドライバーも一概に悪い人ではなく、本当にトラブルが起きて急いでいる人なのかもしれませんからね。

(実際に私は、父親の危篤時にかなり車を飛ばしてしまった事がありました。その時のことを思い返すと、決して良いことではなかったのですがそれぞれの事情があるのかも?しれません)

道を譲ったとしてもバイクはだいたいすぐに追いつける

後続車に道を譲っても、結局はだいたい追いつくことが多いです。これに関しては、車の運転をしていても時折ありますが、バイクの場合はなおさら追いつきやすいです。

一般道であれば尚更信号で引っかかりやすいですからね。

そのため、繰り返しになりますがやはり早めに道を譲ってしまいましょう

結論:早めに譲れば双方いい気分

先述したように煽られた時には早めに譲ってしまうことで全てが落着しますし、双方それで挨拶をしておけばいい気分でその場を収められることもあるかと思います。

煽る・煽られるが起きる時というのはお互いの走行スピードやペースが合っていない時です。

人間はいらんな性格の人がいるので性格の合わない人がそこら中にいてもなんら不思議ではないですよね。その相違が運転時に起きることが、煽り運転の発生要因のひとつではないでしょうか。

お互い余裕のない小競り合いをするのではなく、

心に余裕を持って、譲る気持ち、譲られたら会釈など挨拶を返せるような心が大切になるかと思います。

まとめ

煽られないためにも、ライダー自身も運転に配慮するべき点があります。

例えば車間距離

バイク・スクーター乗りの方は車との車間距離が非常に近い方が多いですが、

事故のリスクを高める事は勿論、煽り運転をしている側と勘違いされる可能性もあります。

煽り運転問題は双方の捉え方も非常に関わってきます。

相手の気持ちになって運転をすることが非常に大切なのです。

タイトルとURLをコピーしました