【カスタム】実際にバイクマフラー交換をして感じたメリット | モトコラム!

【カスタム】実際にバイクマフラー交換をして感じたメリット

バイクメンテナンス

バイクの王道カスタムとも言われる「マフラー交換」ですが、

バイクに乗らない人からするとただうるさくなったり見た目がほとんど変わっていなかったりとその魅力はわかりづらいかもしれません。

今回は、

実際に大型バイクのマフラーを社外品に交換してみて感じた効果とメリットについて、自身の経験をもとにまとめてみました!

マフラー交換に興味をお持ちの方は読んでみてください。

効果とメリット

MT-09のマフラーを社外品に交換してみて感じた効果やメリットは大きく以下の4つです。

  1. バイクが楽しくなる、より愛着がわく
  2. 車重が軽くなる
  3. 見た目のアクセント
  4. 周囲への存在アピール

①バイクが楽しくなる、より愛着がわく

純正マフラーの音で走っていても、静音性が保たれたいい音が聞けますが排気量が小さいバイクほど走っているときは風の音や周囲の騒音にかき消され聞こえづらくなります。

大型バイクでも、高速道路で100キロも超えていけばほとんどエンジン音を聞くことは難しくなってきます。

しかしマフラーを変えれば当然エンジン音が常に自分にも聞こえてくるので走りの楽しさや喜びを感じれらます。

またそのバイクのエンジン特性サウンドがはっきりと表れてきます。短気筒・二気筒なら歯切れのいいリズミカルな音三気筒はヒュルヒュルとなる吸気音と重低音四気筒になるとバイクらしいアイドリング音と迫力のある吹け上りが楽しめます

バイクは見た目と同じくらいにエンジン音も魅力の一つだと思っています。自分の好きな音が鳴るマフラーを装着することが出来れば、より自分の愛車を好きになることもできます。その効果はマフラー代金の出費以上の価値があるでしょう。

※サウンド音の事前確認は極力したほうが良い

自分好みのマフラーサウンドを手に入れるためにも事前調査は大切です。YouTubeなどで検索してみると動画が多く出てきますが、動画で確認できるサウンドには限度があります。

一番良いのはSNSやツーリング先で実際にその商品を買っている人に話しかけてみる事でしょう。優しいライダーさんであれば音を聞かせてくれたり、詳しく話を聞かせてくれるかもしれません。

多かれ少なかれ、どんな商品にも長所や短所は付き物です。

マフラーは安い買い物ではないです。買った後に後悔しない為にも事前情報収集は怠ることなくしておきましょう。

②車重が軽くなる

カスタムマフラーのメーカーと商品に寄りけりではありますが、多くの場合において純正マフラーよりも軽量化されていることがほとんどです

一般的に純正マフラーの素材は鉄でできており、かつ消音効果を発揮させるためにマフラーが大型で、構造も複雑に作られていたりします。

カスタムマフラーは素材での軽量化と構造の簡易化がされているため、基本的には全体の軽量化にもつながるのです。

軽量化が図られると、僅かながらではありますが燃費向上効果や、走りが軽快になるなど効果が期待できます。

③見た目のアクセント

純正マフラーは基本的に見た目への主張がさほどされていなく大人しいです。最近流行りのストファイ系は特に、マス化がコンセプトにされていることから車体下部に隠されるように装着されていることも多いです。

カスタムマフラーは見た目にワンポイント、大きめのアクセントを付けるので印象がかっこよくガラッと変わります。

マフラー形状にもアップタイプやローダウンタイプなど様々です。自分好みのマフラーが見つかるまで根気よく探してみましょう。

④周囲への存在アピール

これはかっこいいバイクを見てもらってうぬぼれたいというようなアピールではなく、安全面での存在アピールバイクは車体が小さい分、周囲車両の死角に入りやすいのが弱点です。それゆえ事故に遭う確率も上がりますが、マフラー交換により音量が上がると存在を認知してもらいやすくなります。

バイクに乗ったことがない・興味がない人たちは、運転中、ライダーが思っているよりもバイクに対しての注意力が低いです。

そのため爆音までは必要ないですが、うるさすぎない程度のエンジン音が聞こえた方がそういった安全面にもメリットはあります。

騒音規制の取締には注意!

近年は警察の方々による騒音規制の取り締まりがより厳しく実施されております。

走っていたところ声を掛けられ音量を測定される…といったケースはごく稀の様ですが実際にその場面に遭遇された方もいらっしゃいます。

取り締まりの対象にならないためにも大切なのは、

  1. 車検対応モデルのマフラーを購入する
  2. バッフルは必ず装着する

上記2点です。

前者に関しては値段がやや張りますが、音質の良さに関しても申し分のないマフラーが手に入ります。

また、最近はスマホアプリで音量が計測も可能です。

気になる方は一度ご自身のバイクを計測してみるのもいいかもしれませんね。

アプリの参考ページ:こちら!

まとめ

マフラーカスタムなんて聞くと、ヤンキーの人たちが乗るバイクになるようなイメージを持ちがちですが、

実際はバッフルを装着しておけばそこまでの音量にならないマフラーがほとんどです。

ただ、安い買い物ではないので購入前のリサーチはしっかりとした方が良いです。また車種によってはスリップオンマフラーへの交換が安価・簡単でおすすめです。

【関連記事】

ヘッドライトバルブのLED化カスタムのメリットとは?

タイトルとURLをコピーしました