管理人情報
管理人タケオのプロフィール
30代(♂)
●薄給サラリーマン兼一児の父親
●18歳で初めて原付に乗る
●バイク歴は10年越え
●日々コスパ抜群なバイク情報を探求中

※当ブログではアフィリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しています。
スポンサーリンク

安くておすすめのバイク用シートバッグ5選!コスパ求めて買うならこれ

 
 

安くておすすめのシートバッグを知りたい!

こんな悩みにお答えします。

この記事を書いている私はバイク歴10年以上の素人ライダー。

今回は、個人的に厳選した安くておすすめのバイク用シートバッグ5選」をまとめさせていただきました。

今現在バイク用シートバッグをお探しの方の参考に少しでもなれば幸いです!

目次

おすすめのシートバッグ5選!

おすすめのシートバッグは以下の5つです。

※商品はすべて値段が安い順での掲載となります。

  1. 【通販限定】SUNPIE バイク用シートバッグ
  2. 【通販限定】KEMIMOTO バイク用シートバッグ
  3. デイトナ ヘンリービギンズ バイク用シートバッグ
  4. RSタイチ スポーツシートバッグ
  5. タナックス MOTOFIZ シェルシートバッグ

1と2の商品はバイクブランド的にはかなりマイナーですが、「ブランドにこだわりのない方」「特に安く染ませたい方」にはおすすめの商品です。

では、一つずつ見ていきましょう。

①【通販限定】SUNPIE バイク用シートバッグ

こちらの商品は基本的にAmazonとか楽天等の通販サイトでしか売られていない商品です。

特徴としては何と言ってもその安さと機能性です。

安いながら軽量・防水、そして十分な収納力が保たれています。

また色も黒とカーボン柄の2色展開です。あなたのバイクにより合ったカラーを選ぶことが可能ですね。

引用::Amazon

②【通販限定】KEMIMOTO バイク用シートバッグ

こちらも基本的には通販限定の商品ですが、Amazonでバイク用品を良くお買い求めになる方ならご存知のメーカーさんかもしれません。

ちなみに私も愛車MT-09のLEDウインカーはKEMIMOTOさんの社外ウインカーに交換済みですが、安いのに車検も通り、個人的にかなりお勧めのメーカーさんです。

あわせて読みたい
【MT-09】前後ウインカーを激安LEDへ交換!作業内容を全てご紹介! 引用元:Webike 個人的に思っていたことですがMT-09の純正ウインカーって、なんか形がのぺっとしててかっこ悪い上になんとなく目立ちますよね。それにウインカーだけハ...

こちらも安いながら防水性に優れ、そして何より必要十分な容量が特徴の一つです。

容量は30Lですが、フルフェイスヘルメットがすっぽり入るほどの余裕があります。日帰りのツーリングにもこれだけのサイズがあれば活用は可能でしょう。

③デイトナ ヘンリービギンズ バイク用シートバッグ

バイク用品で人気のブランド。

私も薄型プロテクターでお世話になっているメーカーさんです。

関連記事

バイク全体の雰囲気をなるべく損なわないようにするには”極力高さの無いシートバッグ”を選ぶのがベストですが、そこでおすすめなのがこちらの商品です。

高さの低さは見栄えを重視したいライダーさんにはぴったりです。

そしてこちらの商品の魅力としては、ファスナーを開ければ容量アップが簡単に行える点です。

引用元:Amazon

普段は見た目を意識しながら使い、万が一の時にはファスナーを解放し、荷物をたくさん入れることが可能です。

④RSタイチ スポーツシートバッグ

シックな見た目で非常にクールな印象のこちらは、バイク用品でかなりの人気を博しているタイチ製でです。

個人的意見ですが、見た目だけを重視するとこちらのシートバッグが一番好みです。

防水性は完備されていないため、付属の雨カバーを使わないと防水できない点はもったいないですが、実際雨の中を頻繁に走る方でなければそこまでの問題は無いかと思います。

見た目とブランドにこだわりたい方ならこちらを選ばれるのが無難でしょう。

⑤タナックス MOTOFIZ シェルシートバッグ

こちらはバイクのミラーなどで有名なタナックス製のシートバッグです。

こちらも防水性は完備されていないため、雨天時は付属の雨カバーの利用は必要になります。

特徴としては空力性のに優れた形状と、衝撃に強いハード素材が上面に使われている点です。

また、防犯用に防犯ロックを使いたい場合にもそれ専用にファスナー部分が作られている為、盗難防止効果も高めやすいです。

引用元:Amazon

バイク用シートバッグのメリットデメリット

バイクシートバッグは収納力が増えて良い面ばかりではなく、使ってみて感じたデメリットも多少なりとも存在します。

気になる方は以下の別記事も参照ください!

まとめ

バイク用シートバッグは一度使うとその便利さを知り、愛用されることが多いと思います。

ただ長く使う為にも、あなた自身のバイクに合ったデザインの物を選ぶのが結構大切だったりします。
デザイン的に微妙なものを選ぶと、ゆくゆく見た目を重視したくなり使わなくなることもザラです。。

ちなみに買ってみたものの実際はあまり使わなくなった場合には「メルカリ」でのリセールがおすすめです。

あなたにぴったりのシートバッグが見つかることを祈っています!

【PR】話題のニュース

お得なバイク情報

当ブログイチオシ

第1位 バイク査定のカチエックス

個人的おすすめ第1位はダントツでカチエックス。

詳しい使い方は以下記事でも解説していますが、スマホ一つで正確な見積もりまで無料で出せるのは恐らくカチエックスのみ。

お時間に余裕のある方は、「バイク王」やその他人気査定サービスも同時に試してみるのが最善ですが、時間があまりない方はカチエックス一択でも必要十分です。

カチエックス以外も含んだおすすめ査定まとめは以下にて紹介中!

第2位 格安インカム

インカムの導入はバイクライフを大きく変えます。

興味のある方はぜひ、ネットに良く売られている安物インカムからでも試してみる価値は大いにあり。

私も初めは中華製の5,000円低スペックインカムでデビューを果たしました。気に入った方は少しずつグレードアップが無難。

安くておすすめのインカム7選は以下で紹介しています!

第3位 バイク用空気入れ

「バイクの燃費を上げたい」

「タイヤのすり減りや劣化をなるべく抑えたい」

こんな思いを抱いている倹約ライダーには自宅に一台バイク用空気入れを準備することをおすすめします。

勿論ガソリンスタンドで補充するのもアリですが、自宅にあればマメに管理することが可能。

そして子持ちライダーなら、子供の自転車や浮き輪、自家用車の空気補充にも使えてなにかと活躍します。

おすすめはまとめは以下にて掲載中。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次