管理人情報
管理人タケオのプロフィール
30代(♂)
●薄給サラリーマン兼一児の父親
●18歳で初めて原付に乗る
●バイク歴は10年越え
●日々コスパ抜群なバイク情報を探求中

※当ブログではアフィリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しています。
スポンサーリンク

【バイクのエンジンオイル】おすすめの交換頻度の目安は何キロごと?

悩んでいる人
悩んでいる人
  • バイクのエンジンオイルのおすすめの交換頻度は?
  • 交換頻度の目安を知りたい!

こんな疑問を解決します。

✔️本記事の内容

  • バイク購入後のオイル交換頻度で意識すべき点
  • エンジンオイル交換を定期的に行わなかった際のリスク

この記事を書いている私はバイク歴10年越えのバイクオタク。原付から大型バイクまで色々な車種に乗ってきましたが全てオイル交換は自分で交換してきました。

今回は、実際に自身の経験から培った情報をまとめてお伝えできればと思います。

目次

バイクのエンジンオイル交換頻度の目安

基本的にバイクのオイル交換は、

走行距離」か「時間」を目安として交換していけば基本問題ありません。

バイクのオイル交換を「走行距離」目安で交換する場合

距離を目安として交換していくなら、以下のような行程を意識しておけばOKです。

タケオ
タケオ

排気量も基本は問いません!

  • 1,000キロ走破時
  • 4,000キロ走破時
  • 7,000キロ走破時
  • 10,000キロ走破時

走行距離ベースで交換をしていくなら、新車購入後はなるべく1,000キロ以内の時に交換しましょう。

理由は新しいエンジンは鉄粉などがオイルに混ざりやすく汚れやすい状況にあるから。

また1,000キロ以降は、+3,000キロ走るごとに交換していくことができれば御の字。

最低3,000キロごとに交換していけば故障リスクはかなり下げられます。

忙しい方は5,000キロごとでもOK

とはいえ、3,000キロごとの交換も中々時間が取れない方もいると思います。

そんな方は5,000キロごとの交換をスケジュールとして意識しましょう。

レースに出るわけでもなく、一般道を走る程度であれば問題ありません。

実際私もある程度の期間5,000キロごとのオイル交換をしましたが、なんら問題はありませんでした。

バイクのオイル交換を「時間」目安で交換する場合

日頃バイクに乗る距離が少ない方は、時間を目安として交換していくのがベストです。

目安は以下の通り。

  • 1ヶ月経過時
  • 以降1年に1回は交換していく

新車購入直後はいわゆる「慣らし運転」が必要な時期とも言われ、エンジンの内部から出る鉄粉などが混ざりやすくなっています。

いわゆる不純物が多く混ざり出たまま走行していればエンジントラブルに繋がりかけません。

その為、購入直後は1ヶ月経過後にオイル交換しておくことをおすすめします。

タケオ
タケオ

バイク屋で「1ヶ月初回点検」が推奨されている理由の一つはまさにこれです。

5千〜1万キロごとの「オイルフィルター交換」も忘れずに!

エンジンオイルの交換と合わせて確認が必要なのが「オイルフィルター」の交換です。

「オイルフィルター」の役目は主に「エンジンオイルのろ過」です。

ゴミや汚れを取り除く代わりに、定期的にフィルターも交換しないと元も子もありません。

オイルフィルターに関しても、走行距離ベースで交換するなら5千~1万キロごとには交換しましょう。

また走行距離ベースでは忘れそうな方は、「オイル交換2回行うごとにオイルフィルターも交換」と覚えておきましょう。

バイクに乗ってなくても1年ごとにオイル交換が必要な理由

ある程度の距離を乗っていれば自然にオイルが汚れて交換の必要が出てきますが、実はバイクに乗らないで放置していても交換の必要が出てくることがあります。

理由は、エンジンオイルが時間と共に「酸化」を起こすから。

「酸化」したエンジンオイルは、オイルがもともと持ち合わせていた粘度を発揮できなくなり、シャバシャバな状態になってしまいます。

この状態で使用を続けると、エンジン内部の保護や潤滑、または洗浄機能がほとんど働かなくなり、役目を果たさなくなります。

そのため、バイクに長期間乗らずに1年くらい保管していた場合でもオイルの交換が必要であるということ。

時間や経済的に余裕があるなら早めに交換を行うようにしましょう。

【まとめ】時間とお金に余裕があるならマメなオイル交換がベスト

極論、お金と時間に余裕があるならもっと短いスパンでオイル交換をしたって問題はないです。

思い立った時にいつでも交換できるように基本セットは常備しておいてもいいかもしれませんね。

タケオ
タケオ

自分も「オイル処理箱」「エンジンオイル」「オイルフィルター」の常備はしています。

上記は一例です。エンジンオイルやオイルフィルターの適合規格は事前にご確認ください。

ただメンテナンスの都度、「ドレンワッシャー」の交換も忘れないように注意しましょう。(車種ごとのワッシャーの径サイズ確認はこちらでもできます。)

あわせて読みたい
【費用は?】バイクのオイル交換を自分で行うメリットや注意点・やり方 ✔️本記事の内容 バイクのオイル交換を自分で行うメリット オイル交換を行う上での注意点 オイル交換手順の解説 この記事を書いている私はバイク歴10年越...

定期的にAmazonでお買い物するなら「Amazonプライム会員」が絶対おすすめ

オイル交換に必要なアイテムは定期的な購入が必要ですがAmazonプライム会員になれば翌日配送が手軽に使える上に配送料もほとんど無料になります。

そのおまけとして「プライムビデオ」も楽しめます。

経済的に余裕がある方は絶対おすすめなので試してみてくださいね。

あわせて読みたい
【朗報】バイク用品をAmazonでよく買う方には「プライム会員」がお得でおすすめすぎる 最近はバイク用品をネットで購入しているライダーさんも増えているようですが、 個人的な考えとして、通販で扱いのあるバイク用品であれば店頭で買うよりもネット購入の...
【PR】話題のニュース

お得なバイク情報

当ブログイチオシ

第1位 バイク査定のカチエックス

個人的おすすめ第1位はダントツでカチエックス。

詳しい使い方は以下記事でも解説していますが、スマホ一つで正確な見積もりまで無料で出せるのは恐らくカチエックスのみ。

お時間に余裕のある方は、「バイク王」やその他人気査定サービスも同時に試してみるのが最善ですが、時間があまりない方はカチエックス一択でも必要十分です。

カチエックス以外も含んだおすすめ査定まとめは以下にて紹介中!

第2位 格安インカム

インカムの導入はバイクライフを大きく変えます。

興味のある方はぜひ、ネットに良く売られている安物インカムからでも試してみる価値は大いにあり。

私も初めは中華製の5,000円低スペックインカムでデビューを果たしました。気に入った方は少しずつグレードアップが無難。

安くておすすめのインカム7選は以下で紹介しています!

第3位 バイク用空気入れ

「バイクの燃費を上げたい」

「タイヤのすり減りや劣化をなるべく抑えたい」

こんな思いを抱いている倹約ライダーには自宅に一台バイク用空気入れを準備することをおすすめします。

勿論ガソリンスタンドで補充するのもアリですが、自宅にあればマメに管理することが可能。

そして子持ちライダーなら、子供の自転車や浮き輪、自家用車の空気補充にも使えてなにかと活躍します。

おすすめはまとめは以下にて掲載中。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次