【バイクのウインカー】適切な使い方や注意点、タイミングとは? | モトコラム!

【バイクのウインカー】適切な使い方や注意点、タイミングとは?

バイク雑学
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はウインカーの使い方について。

街を走っていると、周りの車やバイクの方の”ウインカーを出すタイミング”が気になる時があります。

基本的な話になりますが、車にせよバイクにせよ、

ウインカーは使うタイミングが非常に大切です。

ウインカーの正しい使い方と大切な理由について持論も含めまとめてみました。

ウインカーの最大の役割は、周囲への意思表示

当然ですが、ウインカー(方向指示器)は、

周囲の車への意思表示の役割を果たします。

これは、周囲への安全の為も勿論ありますが、

第一は、自分の身の安全の為です。

車やバイクの運転というのは、

自分ではわかっていても、その意志や挙動が相手に伝わりづらいものです。

なので極力相手に伝わるようなタイミングで使わないといけません。

※正しく使えてないと、道交法違反になることも

あまり知られていませんが

ウインカーを正しく使えていない場合、道交法違反になるケースもあります。

これは教習所でも習っていますが、筆記試験に受かれば細かいことは忘れてしまいますよね。

法律の規定としては、道路交通法第53条および道路交通法施行令第21条で規定されており、まとめると以下の通りとなっております。

①右左折時・・・右左折を行う30m(一般の自動車6台分相当の距離)手前からウインカーを出し、完全に曲がりきるまで出し続けること。

②発信、徐行、停止時・・・発進時は事前に目視で周囲の安全を確かめてから、右方向のウインカーで合図をしてから発進する。停車時は逆に左ウインカーを。また徐行時は早めのウインカーで後方に知らせること。

③車線変更時・・・車線変更を行う際は、変更を始める3秒前からウインカーを出し、完全に車線を変更しきるまで出し続けること。

しかし、道交法どおりにウインカーを使っていたからと言って、

全ての事故を回避できるとは言い切れません。

常識の反しないで少しでも早く・事前のウインカー合図が必要だと思います。

「合図不履行」による違反点数は?罰金は?

 右左折以外の場面でも、

  • 進路変更
  • 徐行
  • 発進
  • 転回

などなど、上記のような場面においてウインカーを出していない場合には合図不履行とみなされ検挙されます。

その場合の違反点数は1点、罰金は二輪車で6000円、原付でも5000円取られます。

ほんの気のゆるみで取られる罰金にしてはだいぶ高く感じますね。

ご自身の安全と財布の中身を守る為にも、違反を犯さないように注意をして走行しましょう。

バイク乗車時は”より慎重な”ウインカー操作を

バイク乗車時にウインカーの合図が遅れ、万が一車に追突でもされた場合、

ライダー側の被害は大きいです。

大事なことは、

道交法のルールよりもやや早めくらいのウインカー合図

必ず後方のミラーでの確認からの目視での確認を徹底することです。

また、正しいウインカー操作とともにプロテクターなどの安全装備もやはり必要不可欠と言えるでしょうです。

まとめ

ウインカーを出すタイミングが、遅い方は結構多いです。

ウインカーを早めに出すことは、追突などの貰い事故のリスクを大きく下げます。

たしかにウィンカーを使いすぎることで電球切れが早まることも多少はあり、直前に使いたくなる気持ちも分からなくはないです。

しかし、事故時の修理費やけがの代償のがはるかに大きいのも事実です。

今日から、あなたのウインカーのタイミングや使い方を少しでも客観的に見直していただけたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました