【工具・接着剤不要】フロアタイルでバイクガレージをおしゃれにアレンジする方法 | モトコラム!

【工具・接着剤不要】フロアタイルでバイクガレージをおしゃれにアレンジする方法

バイクガレージ

バイクガレージを所有している方なら分かるかと思いますが、ガレージ床のコンクリートってオイル汚れやタイヤの汚れが付着しやすいので長年使っていると結構黒ずんできたりして目立つんですよね。

そんな時に、工具・接着剤不要で簡単にアレンジすることが出来たとしたらかなり便利ですし試してみたくなりますよね。

もし仮にお持ちのガレージがおしゃれになれば、

見栄えは抜群によくなりますので友人・バイク仲間にも自信をもってガレージをお見せ出来ますよね。またバイク販売や整備の店舗をお持ちの方であれば内観の見た目の印象や写真写りも良くなるので集客効果につながる可能性大です。

今回はそんなバイクガレージのプチリノベーションにおすすめのアイテムをご紹介させていただきます。

おすすめアイテムは2つ

個人的におすすめのアイテムは

  1. バイク用ゴムマット
  2. ガレージ用フロアマット

の2つが挙げられます。

それぞれの特徴とおすすめ品を以下ではご紹介させていただきます。

①バイク用ゴムマット

バイク用ゴムマットは、その名の通りバイクが乗る必要最低限のサイズで作られているゴム製のマットです。

敷くだけの簡単アイテムなので手っ取り早く使いたい場合にはおすすめです。

床の汚れ防止にはもちろん、ゴム製なので工具を床に落とした場合にも音や振動は軽減されます。

ちなみに2つ目に紹介しているデイトナ製のマットは水洗いOKな上に起毛素材なので、メンテナンススタンド利用時にもスタンド自体が傷つくことも防げます。

②ガレージ用フロアマット

先述したゴムマットより少し出費してでもより高級感漂うガレージを演出したい方には「フロアマット」がおすすめです。

フロアマットは床の保護効果は勿論のこと、なによりもガレージ全体の見栄えをかなり変えます。

ちなみに設置方法は1枚1枚のタイルを組み合わせていくだけなので比較的簡単です。ガレージのサイズと多少ずれがある場合にはカットして対応が必要です。

組み立て参考動画

動画で見て観ると組み立て方はかなりシンプルなのが分かります。

TECTileはバイク情報メディア「モーターサイクリスト」にも掲載されたことがある巷では有名なメーカーさんをです。気になる方は是非チェックしてみてください。

ガレージ内のオイル汚れは「重曹」or「台所用洗剤」がおすすめ

ガレージ地面のコンクリートにオイル汚れがある場合には「重曹」か「台所用洗剤」があれば多少汚れを落とすことが出来るのでおすすめです。

使い方としてはどちらも汚れ箇所に適量を垂らしてブラシ等でこすります。その後すこし時間を置きつけ置きして下さい。

ちなみに重曹も台所用洗剤も余った分は自宅内でのお掃除やバイク洗車にも使えるのであっても損はないのがこの2つです。

↓Amazonで高評価の商品なら以下3点がおすすめです

まとめ

バイクガレージは、年数が経てば汚れも目立ちやすいものですが、意外と簡単な方法で生き返らせることが可能です。

ガレージの雰囲気が蘇ると、作業自体もはかどったり気持ち的にも気持ち良いものです。気になる方は是非お試しください!

タイトルとURLをコピーしました