【カスタムスクーターの査定額はいくらなの?】カスタムされたアクシスzを売ってみた | モトコラム!

【カスタムスクーターの査定額はいくらなの?】カスタムされたアクシスzを売ってみた

バイク雑学

【この記事で分かること】

  • カスタム済みアクシスzの実際の査定額について
  • 純正マフラーはセットで業者に渡した方がお得なのか
  • 知人へ譲り渡す際の注意点

このブログをいつも読んでいただいている方はご存知かと思いますが、私は生活の足として、そしてバイクとして、約3年ほど

ヤマハのアクシスzを可愛がり、大切に乗ってきました。

【関連記事】

当ブログのアクシスz紹介記事

ヤマハHP

しかし生活環境が変わったことをきっかけに乗る頻度が激減し、今回アクシスzを買取として売りに出すことに決めました。

アクシスzは本当に乗りやすくコスパも良く、名残惜しさ満点でしたが、違うユーザーのもとで大切にされることを願い決断に至りました。

ただ小型スクーターというジャンルは中々素晴らしく、機動性、収納力、コスパすべてにおいて多くのバイクを上回る性能を持っています。あれはバイクじゃない!と唱えるライダーも時折いますが、ぼくとしてはバイクの仲間であり、また違う楽しさを持った乗り物だと思っております。

またいつかの機会に、乗れる時が来れば嬉しいですね。

【おすすめ記事】

アクシスzのカスタムパーツおすすめ品まとめ!

気になる買い取り額について

中古のスクーターを下取りや買取に出した時、どれくらいの値が付くのか、結構気になる方も多いと思います。

今回私は、買取の専門業者に頼まず、購入店のバイク屋さんに依頼して取りに来てもらいました。

理由として、買い取り業者は色々な業者がありましたが、中にはどんな業者さんがいるかもわかりませんし、付き合いのある顔見知りのバイク屋さんに依頼する方が気が楽だったためです。

気になる実際の買取金額としては、総額6万円でした。(純正マフラー込み)

アクシスzの基本的な同スペックでの買取相場は9万円前後との情報でしたが、おそらくは各所カスタムしていたための値下がりかなと考えられます。個人的には妥当な金額かなと感じました。

ちなみにスペックとしては、

購入後3年、走行距離1.6万キロ。

カスタム箇所は、マフラー(ウィルズウィン)、ミラー、グリップヒーター装着(エンデュランス)、各種ライトをLEDへ変更。

大きな傷等なし。

オイル交換は3000キロごとに実施済みといったあたりです。

純正マフラーは一緒に売るのとフリマアプリ、どちらがお得?

私もこの問いに関しては一概には話しづらく、ケースバイケースかと思います。

一番おすすめなのは、マフラー交換をした際は、

  1. とりあえず保管しておく
  2. 買取・下取りの時に、純正マフラーもセットで付けたらどれくらい買取価格が変動するか確認しておく

その結果、値段が5千円以上、値上がりするなどであればフリマアプリ等に出さず、一緒に持って行ってもらうの方がお得になるかと思います。

私も実は数か月間、アクシスzの純正マフラーをメルカリに出品していたのですが、3千円まで値下げしてもなかなか売れなかったです。場合に寄りますが、純正パーツは売れづらいのかもしれないですね。

知人に譲り渡す際は注意が必要?

乗らなくなったバイクやスクーターを知人に譲る方も時折いらっしゃるかと思いますが、手間は勿論のことリスクも付き添うことを憶えておきましょう。

まず、譲り渡す際は

・ナンバープレート
・標識交付証明書
・運転免許証などの身分証明書
・認印

と言った煩雑な各種書類が必要となります。

基本業者に売る際はすべて任せるので知る必要もないですが、名義変更手続きは慣れないと結構大変な手続きです。

そして知人へ譲る場合は、値段の設定の難しさ等、金銭面のトラブルや譲ってからの故障やトラブルが起きた際にややこしいです。

どこまで責任を負うべきかなんとも難しい問題でしょう。

場合によってはその方と不仲になってしまう原因にもなり兼ねません。そのため知人・友人間での受け渡しには細心の注意と準備を心がけましょう。

まとめ

バイクなどを売る際は、事前の相場確認等、情報収集も大切ですが売値の期待のし過ぎには注意も必要です。特に小排気量車は安値が付くこともケースとして大いにありますので、すこし安く見積もって申し込む方が良いかもしれませんね。

そして少しでも高く売りたい方は、

  • なるべくカスタムしない
  • 基本的な定期メンテナンスは徹底しておく

この辺りはほぼ常識ですが、徹底しておくと良いかと思います。

タイトルとURLをコピーしました