【夏の乗り方】クソ暑い夏も楽しくバイクに乗るコツとおすすめな便利グッズとは? | モトコラム!

【夏の乗り方】クソ暑い夏も楽しくバイクに乗るコツとおすすめな便利グッズとは?

バイク雑学

夏にバイクに乗ったことがある方はもう既にご存知かもしれませんが、

夏のツーリングって実は結構ハードなんですよね

どれだけ暑くてもヘルメットは被らなければいけないので、髪の毛が汗だくになるのは日常茶飯事で、半袖で乗ろうものなら激しく日焼けをしますし、そもそも半袖でのツーリングは事故に遭った時を想定すると非常に危険なのでおすすめできません。

夏のバイクのイメージに幻想を抱いている初心者ライダーさんも実際多いですが、ほぼ苦行に近いものがあります。どうしたって暑いものは暑いです。

そんな中でいろいろ試行錯誤した結果個人的にたどり着いた考えは、

「夏に限っては昼間にバイクに乗らない方が、充実するんじゃね??」

ということです。

今回はバイク初心者の方たちに向けて、夏のバイクの楽しみ方を話していこうかと思います。

夏のバイクは予想しているよりも200倍暑いのが現実

もちろん夏なので、バイクに乗る前から外が暑いという認識はあると思いますが、とはいいつつも気持ちの良いライディングが出来ることを期待をしてしまう事ってありますよね。

しかしいざバイクに乗れば、

  • 「走ってても温風を受けるので暑い」
  • 「信号で止まると汗かく」
  • 「照りつく紫外線がもはや痛い」
  • 「汗のせいで服の中もべたべた」

という最悪な状況になるのです。

そして週末ではだいたい観光地や国道は渋滞をしていますので、クーラーのある自動車勢とは異なり、ライダーはサウナの中でバイクに乗っているようなものになります。

夏の昼間の辛さはバイクの楽しさすら忘れさせる恐ろしさがあります。

そのため、夏の期間は極力昼間や日中の時間帯にバイクに乗らず、

夕方や夜以降のナイトツーリングをメインに出かけることを心がけるも良いのではないでしょうか。

ナイトツーリングのメリット

ではなぜ、そこまで夏のナイトツーリングをおすすめるのか、いくつかのメリットを一つづつご紹介していきます。

①涼しいが寒くはない丁度よい気温の中を走れる

夏の夜の時間帯の気温は、バイクに乗るのにちょうど適していると思います。

冬は防寒対策を万全に期しても、寒い時は寒いです。春秋は、朝が寒くても昼間は暑くなったりと服装の選択が難しい印象があります。しかし夏場の夜はそういった心配点が無くなります。

個人的おすすめは、「メッシュジャケット+メッシュバイクシューズ+メッシュグローブ」です。全身に風が通り抜ける状態になるので最高です。ちなみにヘルメットは安全面と「虫アタック対策」としてフルフェイスを推奨します。

②日差しもないので目の疲れが日中より少なくなる

ナイトツーリングの良いところは紫外線や日差しに目をやられないところです。

日差しから受ける目のダメージは大きいです。日焼けをする原因というのも、多くが目から入り込む紫外線が原因と一説では言われています。それにまぶしい中をずっと走っているのも単純に疲れます。

むしろ星空やビルの夜景を眺めて、目を休ませられるかもしれません。

③日焼けをしないで済む

夏の日中でのツーリングは当然ながらめっちゃ日焼けします。

日焼け対策と安全面を考慮した上で、やはり上はメッシュジャケットに下は長ズボンが個人的推奨ですが、上着が長袖だとしても手首の隙間だけ変に焼けたりもしますし、汗ばんだ中で着るメッシュジャケットでは快適さにも限界があります。

そんな時もナイトツーリングの比率を高めれば日焼けも軽傷で済みます。

④渋滞が基本少ない

基本的に世間の多くの人が日中に活動しています。これに関しては夏に限らないですが、夕方から行動を始めるスケジューリングをすると観光地などでは劇的に渋滞や混雑を回避できます。

ショッピングセンターやアウトレット施設なんかでも、朝から行って渋滞に合うよりは夕方からの2〜3時間の中で空いてるお店を見て回ったほうが個人的にはいいんじゃないかなと思います。

バイクも同じで、渋滞に遭遇してしまえば楽しさや快適さは圧倒的に減りますね。

その為渋滞を回避しやすい夕方以降のツーリングにはメリットが多いのです。

⑤暗がりだとバイクが映える

観光地で愛車の写真などを撮る方も多いでしょうが、夜に夜景や街灯バックで撮るバイクも非常に映えます。

LEDのテールライトなども煌々と光り輝いて非常にきれいです。

そしてあまり大きな声では言えないですが夜間のツーリングでは多少の洗車サボりも友達や周りの方にバレづらくなります。

夏場は洗車するにも汗だくになるのでついサボりがちになりますが、ナイトツーリングなら多少のサボりも気づかれないで済むかもしれませんね。

ナイトツーリングの注意点は?

ナイトツーリングは日中と比べ、どうしても視界が悪くなるのが欠点です。

特に市街地などはまだましだが、山間部や海沿いなどの道は暗く、道路に落下物や異物がある可能性も高くなる。日中に比べ、かなり事故リスクが高い環境であることを常に念頭に置いて走りましょう。

また万が一転倒しようものなら、後続車からの視認性も悪いため二次被害を招く可能性も高い。万が一事故、転倒をしてしまった場合は安全な場所にすぐに避難することを最優先しましょう。

そのため基本的には、市街地などで光り輝く夜景を楽しむのがベストでしょう

持っておくと便利なアイテム

個人的に夏場にあると便利だと感じたアイテムは以下の4点です。

  • メッシュジャケット
  • メッシュバイク用シューズ
  • シートバッグ
  • 汗拭きシート(市販品でOK)

メッシュジャケット

もはや夏の必需品ともいえるのがメッシュジャケットだと思っています。

基本的には半袖の上にこれだけ着ておけば事故時の怪我の被害をかなり抑えられます。ただプロテクターは薄めなものが多いため、心配性な方は、胸部プロテクターだけ追加で付けてもいいかもしれません。

メッシュバイク用シューズ

バイク用の靴の中にはメッシュシューズという商品があります。

もちろんバイク用シューズなので事故の際を想定したプロテクターもしっかり付いているうえに、全体にメッシュ素材が施されている為、足の蒸れや暑さの軽減に効果を発揮します。

デザイン面に関しては賛否両論あるかもしれませんが、機能性快適性に関してはかなりおすすめな商品です。

シートバッグ

ある程度のツーリングになるとリュックやショルダーバッグなどが必要になってきますが、夏場は少しでも通気性を確保したいのでない方が快適に走れるんですよね。

そんな時にシートバッグがあれば、ちょっとした荷物なら手ぶらでOK。

メッシュジャケットと組み合わせれば全身を風が抜けやすくなるのでかなり爽快ですよ。

汗拭きシート

ナイトツーリングとはいえ、夏場の高い湿度の中を走っていると、どうしてもべたつきだけは避けづらいものです。

そこで個人的におすすすめなアイテムは、薬局などで市販されているボディシートです

休憩の時に体や顔を拭き上げると、その時の爽快感は半端ないのでお勧めです。また、拭いた後に走ると体中スースーして快感を得られますので、是非気になる方はやってみてください。

また季節問わず仲間とのツーリングにはインカムもあると便利ですよ。

まとめ:季節に応じて臨機応変に楽しみましょう

いかがでしたでしょうか。

真夏の日中のツーリングは熱中症のリスクの高くなります。

状況に応じて可能であるならナイトツーリングに切り替えるなど臨機応変な対応がライダーの皆さんにも求められるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました