【なめたネジ・固いボルトの外し方】外れない時に試してほしい方法とおすすめアイテム! | モトコラム!

【なめたネジ・固いボルトの外し方】外れない時に試してほしい方法とおすすめアイテム!

バイクメンテナンス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイクのセルフメンテやセルフ修理・DIYをしていると、外れないネジやボルトの存在に悩まされることって結構ありますよね。。

経験のある方ならわかってくださると思いますが、ねじ・ボルトを外せなくなった時の絶望感や苛立ち、焦りは尋常じゃないです。

自分は、バイクのことが嫌いになりそうになることすらありました苦笑

ですが、過去11年間、自分なりにセルフメンテをしてきたおかげで”有効な対処法”や”コツ”はなんとなく掴めました。

さらには、どうしても外れない時「これさえあれば大丈夫」と安心できる最終兵器も今ではしっかり備えてあります。

今回は、過去11年間の自身の経験をもとに

  • 外れないネジ、ボルトに対する緩め方のコツ
  • どうしても固着して外せないネジ、ボルトにおすすめな工具3選

を皆さんにお伝えできればと思っております。

自身も過去に何台かのバイク・スクーターをメンテ・修理してまいりましたが、幾度となくその壁にぶち当たり、

「セルフメンテなんて辞めてやる…」「もう今後はバイク屋さんにお願いしよう…」

何度そう考えたかはわかりません。

ですが、世の中には同じような問題に直面している方がたくさんおりますし、紹介する対処法とおすすめ工具さえあれば、ほとんどの外れないネジ・ボルトは必ず外せますのでご安心ください。

手ごわい固着には「衝撃」か「熱」攻撃が有効

過去の経験上、締めすぎや経年劣化で固着してしまったクソ硬いネジやボルトに対する有効な攻撃は

  • 衝撃を与える
  • 熱を加える

の2種類なります。

Q.衝撃はどうやって与える?

基本的にネジやボルトに衝撃を加える際は「プラスティックハンマー」を使います。これは金属製のハンマーや金槌ではねいじゃボルトに傷をつける可能性があるからです。

傷が付いてしまってはそれが原因でネジ穴がナメるかもしれませんし、ゆくゆくの錆の原因にもなりかねません。

その為、必ずプラスティックハンマーを使います。

また、衝撃は

何度も与えて少しづつ緩めていく前提

で作業しましょう。決して一度や二度の衝撃で外そうとは思わないでください。

そんなに簡単に外れるのであればそこまで苦戦しないはずです。

時間をかけて何度も

衝撃を与える⇒工具で緩める⇒衝撃を与える

を繰り返しましょう。

(※ちなみに焦っていると緩めるのと逆方向に締めてしまっていることもあり得ますので、回す方向は再度確認して作業しましょう)

衝撃の与え方はプラスティックハンマー使用であれば、ネジやボルトの頭部を叩いて衝撃を与えてもOKです。

時間と労力をかけて、じっくり外していきましょう。

Q.熱はどうやって加える?

それでも外れない時は、

「ネジ、ボルトに熱を加えることで外す」方法がおすすめです。

ですが注意点として、

ライターとかガスバーナーの直火で熱を与えるのはNGです。

基本的にバイク作業時は火気厳禁。万が一の引火時には大事故が起きる可能性もあります。

そこでおすすめは「ヒートガン」です。

ヒートガンはイメージとしてはめっちゃ高温の風が出るドライヤーの様な物。

使用時の音量や形状もほぼ家庭用ドライヤー。

用途としては幅広いですが、今回のような固着対策に使えたり、塗装・シール剥がしにも使えたりと意外と活躍すると思います。

使用時は先端金属部分が半端なく熱くなるので、使用後10分ぐらい経つまでは触らないように注意です。

何をやっても外れない時の最終兵器的アイテム3選

ただ、どんなに頑張っても外れないネジ・ボルトも存在します。

そんな時にはネジ・ボルトの買い替え前提で破壊しながら外す方法が最終手段になります。

①どうしても緩まないネジには「ネジザウルス」

基本的にボルトよりは固着したりすることが少ないネジですが、経年劣化していると十字のネジ穴部自体がナメてしまい、ネジとして機能しなくなってしまうこともあります。

そんな時には「ネジザウルス」が最強です。

公式サイト:ネジザウルス

こちらは外れなくなったネジを外す専用の工具。

最終兵器にもなるので、使った後はネジが痛んだり変形したりすることもあるので、予備のネジも買えるようにしておきましょう。

使いかたはいたって簡単ですが、しっかりとネジ頭部をグリップしながら緩めることです。

②固着したボルトはインパクトレンチで”衝撃”を与えながら外す

ネジよりも固着したり、外すのに相当な力を必要とすることも多いのがボルト。

基本的に固着してしまっている時には①衝撃を与える②緩めるを繰り返して、少しづつ固着した部分を外していくのが原始的かつ有効的です。

衝撃を与える際はプラスティックハンマーなど、ボルトに傷を残しづらいもので行う必要もあります。

そんな時に便利なアイテムが「インパクトレンチです。」

インパクトレンチは電動ドライバーのボルト版のようなもので、電動の力でボルトを緩めることが出来ます。

効果的なのが、細かく強い振動をボルトに与えながら外すことが出来るので固着したボルトに非常に効果的なのです。

これ一台持っておけば、固く締めこんだボルトも簡単に緩めることが出来、時短にもなるので、損は無いでしょう♪

③ナメたボルトにはナットツイスター

稀にインパクトレンチでも外せず、最終的に六角部をナメてしまって外せなくなるような強敵が現れるときもあります。まさにラスボス的存在です。

そんなラスボス相手にはより強力なアイテムが必要となります。それが下の商品です。

通称「ナットツイスター」とも呼ばれるこの商品は、原理としてはボルトを完全に破壊しながら外していくものとなります。

商品の内部は下図のように渦上の作りとなっており、これがボルト事態に食い込んでいく事で強力なグリップを果たし、最終的にボルトを緩めていくことが出来ます。

こちらの写真はサイトから引用したものですが、様々な曲者ボルトたちにも効果を発揮する強い味方です。

ほとんどのボルトを外すことが出来ますが、注意点としては力を入れすぎてボルト事態をねじ切らないようにしましょう。

ねじ切ってしまうといよいよ素人では太刀打ちできなくなってきますので慎重にいきましょう。

また、先述した通りボルトはボロボロになり使えなくなるので、サイド新しいボルトを購入するようにしましょう。

まとめ

セルフメンテやDIY修理には障壁が色々とつきものですが、経験と今回紹介した”強い味方”がいれば怖いものなしです。是非、気になる方は参考にしてみてください!!

タイトルとURLをコピーしました