メニュー
管理人タケオのプロフィール
30代(♂)
●薄給サラリーマン兼一児の父親
●18歳で初めて原付に乗る
●バイク歴は10年越え
●日々コスパ抜群なバイク情報を探求中

※当ブログではアフィリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しています。
スポンサーリンク

【おすすめの原付5選】コスパ良く見た目もカッコいい50ccバイクは?

バイク未経験の方が「バイクに乗ろう!」と考えた時、初心者でも一番とっつきやすいのはやはり「50ccの原付バイク」ですよね。

しかし初心者の方ほど、たくさんある原付の中から「どれを選んだらいいのか」って結構悩むと思います。

そこで今回は、原付選びに悩んでいる初心者ライダーに向けて、おすすめの50cc原付5選をご紹介させていただきます。

目次

個人的におすすめのカッコいい原付バイク5選!

ホンダ ダンク

引用元:ホンダ公式
価格229,900円
車重81kg
燃費(WMTC)58.4km/l
最高出力4.5PS
燃料タンク容量4.5リットル

ダンクは個人的にデザインが中々好きな原付バイクです。

特にテール周りが近代的なデザインです。

引用元:ホンダ公式

ホンダ スーパーカブ50

引用元:バイクブロス
価格247,500円
車重96kg
燃費(WMTC)69.4km/l
最高出力4.5PS
燃料タンク容量4.3リットル

スーパーカブ50の最大の特徴はなんと言ってもその燃費の良さです。

上のスペック表を見てわかる通り、燃費✖️タンク容量での単純計算ですと航続可能距離はおよそ300キロです。

300キロというと、都内から出発したとして、愛知くらいまでは行けてしまう距離ですね。(原付で300キロ走行は地獄ですが)

そしてホンダのカブは新聞配達から始まり、水曜どうでしょうでの超過酷なロケに使われるなど、「とにかくコスパよく走行性能を求めている方」にはもってこいな車種です。

人気車種でもあるので運が良ければ程度の良い中古車も出回ってます。気になる方は探してみてくださいね。

ホンダ タクトベーシック/タクト

引用元:ホンダ公式
価格179,300円/192,500円(アイドリング付きのタクト)
車重79kg
燃費(WMTC)58.4km/l
最高出力4.5PS
燃料タンク容量4.5リットル

派手すぎず地味すぎずな原付をお探しの方には、ホンダのタクトがおすすめです。

そして低価格ながら、標準搭載でリアキャリアが搭載されていたり、十分な収納スペースが確保されているメットインが装備されています。(タクトベーシックは19リットル。タクトは20リットルがメーカー公表の容量です。)

通勤や通学で使うことになればリアキャリアにリアボックスを取り付ける方も多いでしょう。

安さと機能性、見た目のフォーマルさを求めている方にはおすすめのスクーターです。

ちなみに「タクトベーシック」と「タクト」の大きな違いは「アイドリングストップ機能の有無」と「足つき性の違い」です。

燃費をとにかく重視したい方は「タクト」。

燃費よりも足つき性や扱いやすさ(特に女性にはおすすめ)を重視したい方にはタクトベーシックがおすすめと言えるでしょう。

ヤマハ ジョグ/ジョグデラックス

引用元:ヤマハ公式
価格(ジョグ/ジョグデラックス)170,500円/183,700円
車重78kg/79kg
燃費(WMTC)58.4km/L
最高出力4.5PS
タンク容量4.5リットル

上記、ホンダ タクトと瓜二つなこの車両は、ヤマハの人気シリーズです。

デザインから金額面までかなり似てますね。

違いとして挙げられるとしたら、ジョグのカラー展開の多さです。

引用元:川口林業様

ジョグに関しては現在7色展開で市場に出回っていますが、対するホンダ タクトはタクトベーシックと合わせて6色の展開になります。

引用元:ホンダ公式

とはいえどちらもカラーバリエーションは豊富なので、メーカーブランドの好みや色味の好みで選ばれることが多いかと思われます。

スズキ レッツ

引用元:スズキ公式
価格171,600円
車重70kg
燃費(WMTC)58.4km/l
最高出力4.5PS
燃料タンク容量4.5リットル

やや可愛いデザインのレッツは、スズキの人気スクーターです。カラーバリエーションは4色ですが、上図のベージュ色なんかは女性にも人気の出そうな色合いです。

また足つき性向上の為にステップが細く作られていたり、スタンドをかける時に車体を持ち上げやすくなっていたりとバイク初心者にもありがたい装備尽くしです。

引用元:スズキ公式
引用元:スズキ公式

中古の原付も、探してみる価値はあります

個人的に基本は「新車購入」をおすすめしておりますが、タイミングによっては経済的にどうしても余裕がなく新車購入が難しいケースもあるかと思います。

そんな時には「中古車両」視野に入れてみることをおすすめします。

もちろん物によっては程度の悪い「劣悪車」も出回っていますが運が良ければ「安くて程度のいい原付バイク」を見つけることだって十分可能です。

かく言う私も、大学生の頃、なけなしのバイト代を手に中古バイク屋に出向き、「諸費用込み5万円のホンダトゥデイ」を購入し、レストアしながら乗ったこともあります。

そして原付であれば簡単なメンテナンスもネット情報を頼りにすれば案外簡単に出来たりします。

ちなみに当初は原付のズーマーも所有していたこともあり、以下掲載の「ぼくとズーマーとカスタム地獄」様にはめちゃくちゃお世話になりました。

中古か新車か、迷った方は以下の記事も参考にしてみてください。

まとめ

おすすめの原付バイク5選の紹介でした。

街を改めて見渡してみると、今回紹介したバイクたちはめちゃくちゃ走っています。

市場の台数が多いので困った時のパーツ欠品の心配もなく、フリマサイトなんかにも多く出回っていることでしょう。

知り合いの方でも、原付探しにお困りの方が居ましたらぜひ参考までに共有いただけますと、私も書いた甲斐があります。

お読みいただきありがとうございました。

【PR】話題のニュース

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次